2016年9月17日 (土)

幻のじゃがいもがやってくる! 在来じゃがいもフェスタ

1_2
△静岡「井川おらんど」を作っている小河内地区
 
伝統野菜を学ぶ、食べる、楽しむ、つなぐ【伝統野菜プロジェクト】の第1回勉強会。「幻の在来じゃがいも」をテーマに、10月29日(土)、いつもの秋葉原の会議室で開きます。
 
私たちがふだん食べている「男爵いも」や「メークイン」などは、明治以降に導入されたじゃがいも。一方、江戸時代にやってきて、今も各地の山深い急斜面でわずかに作られ、物語とともに伝わっているじゃがいもがあります。今回は、「今まで残っていることが奇跡に近い」じゃがいもたちをそろえ、専門家のお話、食べくらべ、試食など盛りだくさんの内容で開催します。ぜひご参加ください。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

[野菜の学校 日本の伝統野菜・地方野菜講座]のまとめ

Top_1_2

NPO野菜と文化のフォーラムのメンバーが運営する[野菜の学校]。2010年~15年の6年間は、日本の伝統野菜・地方野菜をテーマに月1回の勉強会を開いてきました。勉強会は、6年間で58回になり、日本全国を一巡したので、ひと区切りをつけることにしました。
2016年6月23日(木)、NPOの総会でその報告が行われました。
 

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

伝統野菜プロジェクト

[野菜の学校 日本の伝統野菜・地方野菜講座}は、6年間で日本全国をほぼ一巡しました。まだ学ぶことはたくさんあります。野菜の神さま・江澤正平さんがおっしゃっていたとおり、野菜の勉強は一生続きます。
そこで、スタートしたのが【伝統野菜プロジェクト】。「伝統野菜を学ぶ、食べる、楽しむ、つなぐ」プロジェクトです。
 
そのキックオフ企画が決まりました。産地見学です。
「埼玉県小川町 ときがわ在来野菜と地域振興の現場を訪ねる」
 

__2

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

北海道のさくらんぼ

1

新宿伊勢丹でみつけた北海道のさくらんぼ。
「あ、ついに温暖化による変化が現れたか!」と思いましたが、早とちりだったようです。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

オレンジスライスジャム

1_6

3_2

岡山・大洋水産の小野田さんからのいただきもの。そのなかで、最後にふたを開けたのが「オレンジスライスジャム」です。ゆずのマーマレードがすっかりなくなるまで待っていました。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

おいしい玉手箱

「岡山ならではというものがあればよいのですが」というメッセージとともに、岡山・大洋水産の小野田さんがおいしいものをいろいろ箱詰めにして送ってくださいました。いつもありがとうございます。
 
1
 
それぞれ魅力的なポイントのある食品ばかり。こんなすてきな詰め合わせって、フツーお店ではやってくれません。
写真は、左上「梅の香ひじき」から右へ「しっとりゆずしお」、「惣誉-夏」。手前は「オレンジスライスジャム」。
6月なかばにいただいたのですが、お味をみてから、と思っているうちに、アップが遅れてしまいました。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

ニースのかぼちゃ またの名 クルジェット

2_2

高梨農場の直売所にありました。「ニースのかぼちゃ」という名前ですが、これは完熟のかぼちゃではなく、未熟果。「クルジェット」ともいうそうです。612グラム。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

サラダ紫

4

神奈川県の農業技術センターが開発し、22009年に品種登録した水なすです。高梨農場の直売所で合いました。写真↑は、あれこれに追われて、2日後に撮ったもの。最初はこんな風に↓美しかった。
1

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

湘南ポモロン

4_3

神奈川県で誕生した野菜はいろいろあります。よこはま青果塾の藤岡輝好委員長からよくいただくので、私は県外の人間としては知っているほうかもしれません。地理的に近いし、親近感もあります。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

小池洋男先生のブルーベリー

2

小池先生は東京農工大学のブルーベリー講座やブルーベリー協会でお目にかかっただけでなく、昨年の広島ツアーでごいっしょして、私は勝手に親しくさせていただいている気分。
 
キッチンガーデンクラブの例会でハーブのニイクラファームを見学したとき、小池先生のブルーベリーが販売されるとうかがい、さっそく先生にメールをさしあげました。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«サクイイ!