2017年2月11日 (土)

かながわ ゆかりの野菜

Photo_3

神奈川県園芸種苗対策協議会が編集した『かながわ ゆかりの野菜』をいただきました。ネットで紹介されているのを見て、「いい資料だなぁ、入手できないかしら」と思っていたものです。編集長は、[野菜の学校]でいっしょに伝統野菜を勉強し、【伝統野菜プロジェクト】では埼玉のときがわ在来野菜見学にもご参加くださった成松次郎さん。お送りくださいまして、ありがとうございました。私たちプロジェクトの大切な資料として活用いたします。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

宴の野菜度 江戸野菜とそばの会

7803

  • 麻布十番「総本家更級堀井」
  • 更科蕎麦と江戸野菜を味わう冬の会
  • 会費5500円+お酒(キャッシュオンデリバリー)
  • 野菜度:★★★
 
◇恒例(かな?)の更科蕎麦と江戸東京野菜を味わう会。主催は江戸ソバリエ協会と江戸東京野菜コンシェルジュ協会です。
 
◇18時スタートなのに、何を勘違いしたか、家を18時過ぎに出て「ちょうどいい時間に着く」と、安心して電車に乗っていた!! 事務局の方からのお電話で判明し、焦って行ったら、ご挨拶やお料理の説明が終わり、お料理が出るところに到着。「ちょうどいいときに来たよ」と言われた。確かに。でもお話、聞きたかったな。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

こと九条ねぎ

7694

NPO野菜と文化のフォーラム主催「ねぎフォーラム」。3つめの講演は、農業生産法人こと京都株式会社の山田敏之社長のお話で「ネギの需要動向と生産・販売戦略について」でした。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

ねぎフォーラム

1_2

NPO野菜と文化のフォーラム主催「ねぎフォーラム」に参加しました。3つの講演のほか、各種苗会社が出品したねぎの食べくらべがありました。
最初の講演は「ネギ栽培の歴史及び品種・作型の分化について」。講師は農研機構の若生忠幸さんです。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

ランチの野菜度 佐野市仙波町「耳うどん」

7598

  • 「かき菜」応援の打ち合わせ
  • 耳うどん500円+てんぷら
  • 野菜度:★★☆☆☆
◇【伝統野菜プロジェクト】は伝統野菜を応援する活動です。[野菜の学校]のような勉強会も開きますが、産地を見学したり、応援にも出かけます。3月初めに栃木県佐野へかき菜の応援に行くことになり、その打合せに佐野へ。声をかけてくださったのは、[野菜の学校]でいっしょに勉強した大谷晴美さんです。栃木がテーマのときには講師をお願いしました。
 
◇どこかへ出かけるとき、ごはんは大問題です。前にかき菜の取材に佐野へ行ったときは、佐野ラーメンを食べました。「おいしかったから、またラーメン」という意見がある一方、「今回は違うものを…」という希望も出て、ランチひとつ決めるのにたいへんな騒ぎ。結局、大谷さんのおすすめの中から、「耳うどん」にしました。
 
◇大谷さんが連れて行ってくれたのは、「佐野市農林漁家高齢者センター」。佐野市仙波町というところにあり、佐野駅からクルマで40分以上かかりました。「佐野駅の近くにテレビで知られるようになったお店がありますが、耳うどんはもともと佐野の料理ではなく、合併で佐野市に入った旧葛生町仙波の郷土料理。お正月に食べるんです」とのこと。なるほど本場で食べようというわけですね。
 
◇この辺は、水田の裏作に麦を作る二期作農業なのだそうです。昔は大麦が多かったけれど、いま麦の栽培は減っていて、なかでも大麦は少なくなった、と大谷さん。「耳うどん」はそんな土地で「魔除け」になる、とお正月に食べられてきました。なぜ魔除けかというと、耳を食べてしまえば悪口が聞こえないので隣近所とのおつきあいがうまくいく、という言い伝えがあるとのことです。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

宴の野菜度 目白「トレガッティ」

Mc56101415000

  • 旧正月の新年会
  • 8000円くらい(お料理+食前ビール+ワイン2本)
  • 野菜度:★★★☆☆
 
◇昨年末からなかなか日程が合わない4人。忘年会が、旧正月の新年会になりました。
 
◇北イタリアのお料理なのでお肉が多いと聞き、「うーん…、お肉ばかり食べられるかな」と思っていましたが、意外に野菜もたくさん使われていて満足。ワインもおいしかった。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

いちごの食べくらべ

7462

野菜の勉強会に出たら「いちごの食べくらべ」がありました。
写真は中央上から時計回りに、「さちのか」、「あまおう」、「とちおとめ」、「淡雪」、「スカイベリー」、「きらぴ香」。※私のメモには青い色の楊枝は「きらぴ香」と書いてありますが、これ、メモのマチガイかもしれない。前に見た「きらぴ香」は、もっと大きくてやや長めの円錐形で、こんな濃い色をしていなかったと思う。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

ランチの野菜度 西荻窪「りげんどう(Re:gendo)」

7419

  • 新しい知人のお店に行ってみよう
  • ランチ「にぎり膳」+コーヒー=1,750円
  • 野菜度:★★★★☆
◇昨年末開かれた、奥田政行シェフの出版記念パーティーで同席した方が、西荻窪にお店を出している、と聞いて、ランチに行ってみることにしました。
 
◇駅から近く、マンションが建っていますが、古い住宅も残っていて、表通りには昔ながらの飲み屋があったり、洒落たお店も混在している、そんなところ。路地をの奥に建つ民家をリノベーションしたお店です。暖房はストーブです。どの椅子の背にもケットがかけてあって、それぞれに座布団のように敷いたり、膝にかけたり。木造の日本家屋の寒さを思い出しました。
 

7432

◇ランチメニューは「おむすび膳」と「にぎり膳」の2つ、いずれも1,500円です。この2つの違いはメインディッシュで、「おむすび膳」のメインは「お豆入り大山鶏と冬野菜の和風ポトフ」、「にぎり膳」のメインは「季節の野菜寿司5貫」。このほかのお皿や小鉢などにのっているお料理は共通です。
 
◇ランチのお客は女性ばかり。このメニューは確かに女性狙いです。夜もそうかもしれない。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

宴の野菜度 銀座「サンダンデロ」

Photo_2

  • 八百屋塾3月修了式の記念講演依頼
  • 8000円(不足分は奇特な方のお財布から)
  • 野菜度:★★☆☆☆
 
◇山形県鶴岡にあるイタリアンレストラン「アル・ケッチャーノ」の奥田政行シェフに、3月の八百屋塾の講演をお願いしました。まず、本を読んで予習してから、銀座の山形アンテナショップ2階「サンダンデロ」で打合せ。参加希望者が会場の定員を超えそうだ。ちょっとコワイ予感がします。
 
◇仕切りの向こうは賑やかなパーティーのようす。奥田シェフはミーティングの間も、電話を受けたり、スタッフに指示したり、挨拶したり…。よくいつもニコニコしていられるなぁ。
 
◇お料理は、合間をぬってサーブされました。詳しい説明もありましたが、今回の趣旨は打合せですから、メモはかなりアバウト。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

宴の野菜度 立川「DANRAN亭」

Jfj7244

  • あこがれの肉づくしJFJ新年会
  • 飲み放題6,000円
  • 野菜度:★☆☆☆☆
 
◇野菜関係者が多い(と思う)JFJ(食生活ジャーナリストの会)のなかに、異色の畜産ジャーナリストがいます。取材先もモンゴルとかタスマニアとか。すてきな写真がFacebookに載る。いつも「いいなあ」と思いながら見ます。
 
◇もっと「いいなあ」なのは、彼が仲間と食べる肉系の食事。そのシーンを見せられて、仲間に入れてほしいと思わないヒトはかなり変人。私は、昨年末、初めてごいっしょできました。「私も今度ぜひ!」というお願いが後を断たないんだと思う。ついに! JFJの新年会がお肉のお店で開かれました。公式新年会ではないけれど、かなりみんなに声がかかったと思う。若い女子中心に20人近く集まりました。
 
◇食肉卸し会社の直営店なので、おいしいお肉が格安に食べられます。それにしても、これだけ食べて、飲み放題で6000円って、すごい。韓国系の料理が出てきましたから、ここ、焼肉屋さんなのね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«オリンピック・パラリンピックと有機農産物