2018年10月20日 (土)

今が旬の果物「梨」

みずみずしくてシャキッとした歯ごたえが人気の秋の味覚、「梨」。
ここ最近は、鳥取の「新甘泉(しんかんせん)」が人気を集めています。
種類によって、甘みの強いもの、甘みと酸味のバランスがよいもの、歯触りがシャキッとしたもの、やわらかいものなど、各種ありますので、お好みの品種を見つけてみてはいかがですか?


0096548 0106569
写真左:あきづき(熊本)。「新高」と「豊水」の掛け合わせに、「幸水」を掛けたもの
写真右:あきづき(千葉)


0116563 0126543
写真左:秋麗(熊本)。「筑水」と「幸水」の掛け合わせ
写真右:新甘泉(鳥取) 。「筑水」と「おさ二十世紀」の掛け合わせ


0136559 0146554
写真左:二十世紀(長野)。青梨の代表品種のひとつ
写真右:豊水(長野)

「かぼちゃ」と「ペポかぼちゃ」-2

ペポかぼちゃの仲間で代表的な野菜といえば、「ズッキーニ」です。
日本で「韓国かぼちゃ」、「朝鮮かぼちゃ」などと呼ばれる「エホバッ」や、ハロウィンの飾りなどに使われるおもちゃかぼちゃもペポかぼちゃの一種です。


0066478 0076488
写真左:ズッキーニ(岩手)。細長い形状と色から「きゅうりの仲間」と思っている人も多いようだが、ペポかぼちゃの一種
写真右:UFO型のズッキーニ(埼玉)


0086483 0046495
写真左:韓国かぼちゃの「エホバッ」。韓国語で「エ=子ども」「ホバッ=かぼちゃ」。「子どものかぼちゃ」という意味。食味はズッキーニに近い。韓国では溶き卵をつけて焼く料理「ジョン」にしたりキムチチゲなどの具にも
写真右:食べきりサイズのミニかぼちゃ、テーブルクイーン(群馬)


0056520
写真:小さくてかわいらしいおもちゃかぼちゃは、ハロウィンなどで飾りとして使用される

「かぼちゃ」と「ペポかぼちゃ」-1

かぼちゃは、「和かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の3つに大きく分けられます。
現在、スーパーの店頭などで販売されているかぼちゃのほとんどは西洋かぼちゃ。ホクホクとして甘みが強いのが特徴です。
和かぼちゃは「菊座」と呼ばれる菊の花のような形をしたものが多く、西洋かぼちゃのような甘さとホクホク感はありませんが、煮崩れしにくくしっかりと出汁をきかせた煮物にすると上品に仕上がるため日本料理屋さんで使われています。
今回は、普段はあまり見かけることのない、ちょっとめずらしいかぼちゃを3種ご紹介します!
ペポかぼちゃについては次のページをご覧ください。


0016513 0026522
写真左:内藤かぼちゃ(東京)。和かぼちゃの一種で、江戸東京野菜のひとつ。現在の新宿御苑のところに信州高遠藩内藤家の下屋敷があり、その畑で作られていた
写真右:長かぼちゃ(千葉)。西洋かぼちゃの一種。飛騨高山で作られたものは「宿儺(すくな)かぼちゃ」と呼ばれる


0036511
写真:コリンキー(新潟)。サカタのタネが開発した生で食べられるかぼちゃ。そのまま薄くスライスしてサラダなどに

2018年9月20日 (木)

「ねばねば野菜」で八百屋の調理実習-2

「八百屋の調理実習」で作ったお料理は、「モロヘイヤの卵炒め」、山芋を使った「ねばねば巾着」と「味噌とろろごはん」、「万能オクラソース」。どれも手軽にできて栄養価も抜群です。

【八百屋塾】での調理実習は、今回が初めての試みでした。お客さまにおいしい野菜の食べ方をご提案するためにも、八百屋がこうして料理を学ぶことが大切だと感じました。

1075 016330
写真左:調理実習で作ったお料理。全部おいしかった!
写真右:ながいも(青森)。ねばねば成分のほか、デオスコリンA、ジアスターゼ(アミラーゼ)、ビタミンB1、レクチンなどの栄養成分を含み、消化促進、滋養強壮に



056316 076338
写真左:モロヘイヤ(群馬)。5000年以上の歴史を持ち、「王様の難病を治した」という言い伝えが残されているほど栄養価の高い野菜
写真右:オクラ(群馬)。ねばねば成分以外にも、β-カロテン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維などを含む

「ねばねば野菜」で八百屋の調理実習-1

東京都青果物商業協同組合が主催する【八百屋塾】、20018年度の第5回目「八百屋塾番外編 ねばねばを活用して夏バテ予防 八百屋の調理実習」に果菜里屋の高橋航が参加してきました!

管理栄養士の石井玲子さん、長芋の大産地であるJA全農あおもりの向井勝美さんのお話を聞いたあと、まずは「長芋」、「ねっとり長芋」、「ねばりスター」、「大和芋」、「つくね芋」を食べくらべ。そして、調理実習、試食タイムと盛りだくさんの内容でした。


0815 0959
写真左:エプロンと三角巾を着けて、準備スタートです
写真右:食べくらべ用の山芋を自分たちでカット


1064 1065
写真左:レシピを見ながら調理開始
写真右:塾生仲間と相談しながらすすめます


1106 1221
写真左:盛り付けも重要です!
写真右:調理実習に参加したみなさんと

2018年8月19日 (日)

すもも-2

「すもも」の続きです。早生系統のもの以外は、冷蔵庫で1週間ほど置いておくと、より一層おいしく食べられます。八百屋さん、果物屋さんによっては、すでにそうして寝かせたものを販売していることもありますので、お求め時に食べごろを聞いてみるといいと思います!



018 019
写真左:菅野中生(山梨)
写真右:ソルダム


020
写真:ネクタリン(山梨)

すもも-1

初夏から夏にかけて出回る「すもも」。独特の甘酸っぱさが魅力です。単に「すもも」「プラム」として売られていることが多いかもしれませんが、じつはさまざまな品種があるんです! 



014 015
写真左:大石早生(山梨)
写真右:サマーエンジェル(山梨)


016 01702
写真左:貴陽(山梨)
写真右:貴陽(山梨)

甘みたっぷり、とうもろこし-4

「ヤングコーン」や「ベビーコーン」と呼ばれる小さな若いとうもろこしは、特別に栽培されているわけではなく、1つの実だけを大きくおいしく育てるために途中で摘んでしまうものを出荷しています。
とうもろこしのスプラウトもあります! 


011 012
写真左:ヤングコーン。とうもろこしは基本的に1本の樹から1つの実しか収穫しないため、何本か出てくるわき芽は掻いて「ヤングコーン」として出荷される
写真右:ベビーコーン(タイ)。「ヤングコーン」同様に小さなうちに収穫されたもの。日本産のものとは別品種


013
写真:コーンスプラウト(福岡)。とうもろこしの新芽

甘みたっぷり、とうもろこし-3

ちょっと変わったとうもろこしもご紹介します。私たち八百屋としては、ぜひ生のとうもろこしを食べていただきたいと思いますが、調理済みでパックされた便利な商品もあります。
カラフルなコーンは観賞用です。先日、北海道の有機野菜農家さんで発見しました!


008 009
写真左:スイートコーン(北海道)。皮をむいたり調理するのが面倒という人に最適な加熱済みのとうもろこし
写真右:ポップコーン用の品種


010
写真:カラーコーン(北海道)。観賞用として有機農家がアメリカ産のデントコーンを自家採取して栽培

甘みたっぷり、とうもろこし-2

とうもろこしは黄色のイメージが強いかもしれませんが、粒が白い品種もおいしいんです!
果菜里屋が日ごろから親しくさせていただいている千葉・小川農園の小川次郎さんによると、とうもろこしは交雑しやすいため、白いものは黄色いものの近くでは作れないとか。苦労して育ててくださった小川さんのとうもろこし、機会があればぜひ食べてみてください。


005 006
写真左:ピュアホワイト(千葉)。実の色が白く、糖度が高くなる品種。鮮度がよければ生のままでも食べられる。果皮がやわらかくジューシー
写真右:ピュアホワイト(千葉・小川農園)。小川さんおすすめの食べ方は加熱調理


007
写真:ホワイトショコラ(愛知)。粒が純白でやわらかい。甘みが強く、ジューシー

«甘みたっぷり、とうもろこし-1