2017年9月22日 (金)

ごぼう-4

最後に、東京ではあまりお目にかかれないごぼうを4種類。それぞれ個性があるので、見かけたらぜひめしあがってみてください!

なお、ごぼうのおいしさや栄養は皮にあります。ピーラーなどで皮をむいてしまうと、肝心な部分がなくなってしまうので、洗うときはたわしでこするか、包丁の背で軽くこそげます。

「洗いごぼう」は味や香りがほとんど失われていますし、傷みやすいので、「泥つき」をおすすめします。

太いごぼうの芯に入っているスを気にする方がいますが、おいしく食べられる可食部分は、芯の外側です。芯はスプーンなどで取りのぞいて料理するといいでしょう。

ごぼうがピンク色に変色していることがありますが、ポリフェノールが酸化したためで、悪くなっているのではありません。むしろ、ポリフェノールがしっかり含まれていることの現れですから、安心してめしあがってください。

0119753 0129770
写真左:汐風ごぼう(石川)。志賀町の海岸部砂丘地帯で生産されており、日本海からの潮風を受けて育つためこの名前になった。アクが少なくやわらかい
写真右:宇陀金ごぼう(奈良)。大和伝統野菜のひとつで、「かおりごぼう」は商品名。果肉がやわらかくて香り高く、味がある。高値だが、おすすめの一品

0149766 0139823
写真左:ごぼ丹(京都)。丹後産の短形ごぼう。クセがなくやわらかい
写真右:連島ごぼう(岡山)。早生系の品種を使用。東京の市場には入荷していない

ごぼう-3

青森に続き、生産量2位の茨城と3位の北海道のごぼうをご紹介します。

「芹沢ごぼう」は、幕末の水戸藩士で新選組の初代筆頭局長として知られる芹沢鴨ゆかりの地で栽培されています。

0089790 0099785
写真左:芹沢ごぼう(茨城)。行方市の芹沢地区で栽培。香りがよく、色が白くてやわらかいので、高値だが人気がある
写真右:洗いごぼう(茨城)。学校給食など、業務用需要が多い

0109775
写真:ごぼう(北海道)。広い畑と良質な土で、わき水を利用して栽培

ごぼう-2

続いて、サラダにおすすめのごぼう3種類。いずれもごぼう特有の香りやアクが少なく、やわらかいのが特徴です。

0059812 0069773
写真左:てがる(青森)。早生品種の短いごぼう
写真右:夏ごぼう(宮崎)。まっすぐで肌が美しく、しまった肉質。やわらかさにこだわって作っている

0079764
写真:サラダごぼう(鹿児島)。通常のごぼうより生育期間が短いため、やわらかくて白く、アクも少ない

ごぼう-1

夏の暑さも一段落し、いよいよ食欲の秋の到来ですね! 根菜類が恋しい季節になってきました。そこで、今回は、「ごぼう」各種をご紹介します。

まずは、生産量全国1位の青森から。

0019796 0029803
写真左:ごぼう(青森)。最もスタンダードな、泥つきの長根種
写真右:柳川理想(青森)。(株)柳川採種研究会の初代社長、柳澤康雄が開発した品種。長根種ではかなりのシェアを占める

0039801 0049807
写真左:常豊(青森)。「山田早生」よりも早い品種として、(株)柳川採種研究会が選抜して作った品種
写真右:大浦ごぼう(青森)。今回はまだ時期が早いのでこのサイズだが、旬になるともっと太くなる。千葉県匝瑳市で栽培されているものが有名で、成田山に奉納される。首は細く真ん中が太い

2017年9月13日 (水)

今月のピックアップ果物「スイートリッチ」

よっしーが日頃から親しくさせていただいている長野県の果樹試験場の元場長さんから、「スイートリッチ」という果物が届きました。

「ワッサー」と「黄桃をかけあわせ、ご自身で品種改良したものです。

実はかたいのですが、サラダに使うと、色鮮やか! とてもおいしいので、ぜひお試しください。

3938 9238
写真左:スイートリッチ
写真右:八百屋さんの勉強会【八百屋塾】で、「スイートリッチ」を紹介するよっしー

トロピカルフルーツ-6

これまでご紹介したマンゴー、パイナップル、ドラゴンフルーツ、パッションフルーツ、パパイア、バナナ以外にも、さまざまなトロピカルフルーツがあります。ぜひ、いろいろ食べて、お気に入りの果物を発見してみてください!

024_3877 0253890
写真左:スターフルーツ・美ら星(沖縄)。味にそれほど特徴はないが、切ると星型になり、サラダに入れたりデザートのトッピングに使うと見栄えがよい
写真右:グァバ(沖縄)

0263907 0273919
写真左:アセロラ(沖縄)。生のアセロラは輸送中に自分の重みでつぶれてしまうことがあるほどデリケート。そのためあまり出回らないが、冷凍ではないフレッシュな果実の味わいは格別
写真右:シークワーサー(沖縄)

0283875
写真:キワノ。メロンやキュウリと同じウリ科で、和名は「ツノニガウリ」、英名は「Horned melon(ツノメロン)」。甘みは少ないが、ツルンとした食感がサラダにぴったり

トロピカルフルーツ-5

続いて、パパイアと沖縄のバナナです。

0203882 021_3898
写真左:パパイア(ハワイ)。いち早く日本に輸入されたトロピカルフルーツ
写真右:パパイア・石垣サンゴ(石垣島)。2008年に品種登録。タネはないか極小で、香りと甘みが強く、果汁も多い

0228357 0233928
写真左:島バナナ(沖縄)。沖縄では家の周囲や畑の横などでごく普通に見かけるこぶりのバナナ。甘みと酸味が強い
写真右:琉球スイートバナナ(沖縄)

トロピカルフルーツ-4

形状と色合いが独特なドラゴンフルーツと、種ごと果肉を食べるパッションフルーツ。どちらも以前は「めずらしい果物」という扱いでしたが、最近はよくみかけるようになりました。

ドラゴンフルーツは見た目の印象とは違い、クセがなくあっさりとした味わいですが、熟すると甘みが増し、なかでも一番甘いのはイエローです。パッションフルーツには酸味の強いものもあるので、すっぱいのがあまり得意ではない方は、果皮にシワが出るまで常温でおくと、酸が抜けて食べやすくなります。

0143848 0153864
写真左:ドラゴンフルーツ(沖縄)
写真右:ドラゴンフルーツ(宮古島)

0163861 0173871
写真左:ドラゴンフルーツ(ベトナム)
写真右:イエロードラゴンフルーツ(沖縄)

0183841 0193830
写真左:パッションフルーツ(福岡八女)
写真右:パッションフルーツ(伊豆大島)

トロピカルフルーツ-3

続いては、パイナップルのご紹介です。特におすすめしたいのは、沖縄県が育成した新しい品種、「サンドルチェ」と「ゴールドバレル」。どちらも、徹底的に味にこだわったパイナップルです。

0093781 0103796
写真左:ハワイ種(沖縄)。日本での栽培の歴史が一番古い。他の品種に比べると酸味が強め
写真右:ボゴール(沖縄)。台湾原産の品種で、日本では「スナックパイン」の名前で知られている。果肉を手でちぎって食べることができる

0113791 0128343
写真左:サンドルチェ(沖縄)。時期は3~10月
写真右:ゴールドバレル(宮古島)。時期は3~6月

0138350
写真:ゴールデンパイン(フィリピン)

トロピカルフルーツ-2

「ユートピアファーム」は、宮古島を代表するマンゴー農園です。完熟の「キーツ」、「ティララ」、「金蜜」、「夏小紅」といっためずらしい品種を届けてくださいました。

005_3804 006_3809
写真左:マンゴー・キーツ種(宮古島ユートピアファーム)。果実が大きく、果皮は緑色。熟してくると黄色くなる。ほどよい酸味でコクがある
写真右:マンゴー・ティララ(宮古島ユートピアファーム)。今年初めて開発したもので、甘みがありねっとりしているのが特徴

007_3812 008_3807
写真左:マンゴー・金蜜(宮古島ユートピアファーム)。糖度が高く、やや繊維質が多い
写真右:マンゴー・夏小紅(宮古島ユートピアファーム)。とても甘く、クリーミーでなめらかな口あたり

«トロピカルフルーツ-1