2020年11月12日 (木)

11月のオススメ伝統野菜!

 山形県の伝統野菜『藤沢かぶ』

鶴岡市藤沢地区の焼き畑で栽培されてきた長かぶ。15cm程の長さに赤白の鮮やかなコントラストがキレイ!

皮が薄く、パリッとした食感で甘酢漬けはもちろん、煮てもトロっと甘くなり、天ぷら、サラダ、ソテーしても美味しく頂けます。

 

滋賀県の伝統野菜『日野菜』


滋賀県日野町が発祥地であるためこの名が付けられたカブラの一種。少しほろ苦さがあり、パリッとした食感で特有の美味しさ。

この首の部分の赤い色と葉の赤みが、漬物にした時にほんのりとした桜色に染め、見た目にも好い風合いを持たせます。

サラダ・ピクルス・メインディッシュの付け合わせにも向いています。

 

 

 

 

 

2020年11月10日 (火)

11月のオススメ江戸東京野菜!

『後関晩成小松菜』

江戸時代、徳川吉宗が命名したとされる説がある伝統小松菜。

エグミや苦みは少なく、筋っぽくないので歯切れが良い食感です。

江戸川区東小松川地区で女性が栽培しているハウスを見学してきましたが

、青梗菜が混ざっているF1の小松菜とは違って、茎も柔らかく優しい味わいの小松菜でした。

 

『亀戸大根』

白茎で、白くきめ細やかな肌が特徴。葉もまた美味しい。

長さ30cm程度の小ぶりの大根です。

 

『練馬大根』

辛みが強いのが特徴の白首大根。

肉質がしまり、歯ごたえが良い。

 

『金町こかぶ』

真っ白で柔らかく、緻密な肉質。

冬の寒さに当たると甘みが増し、煮崩れしにくいカブです。

 

『千住ねぎ』

江戸時代に砂村から千住へ伝わってきた根深ネギ。

煮崩れしづらく、加熱すると柔らかくて、とろけるような甘さが特徴です。

 

 

2020年10月15日 (木)

日本橋ゆかりさんで江戸東京野菜を堪能!

弊社が納品させて頂いた江戸東京野菜。

それを日本橋ゆかりさんで、江戸東京野菜を使ったお弁当を頂きました。

茨城県とコラボして開発したオリジナル納豆ドレッシングで頂いたお刺身に

早稲田みょうがと千住葱が絶妙に絡まって、美味しく頂きました。

 

3 

内藤かぼちゃを素揚げして黒蜜ときなこをかけたデザートも絶品でした!

伝統南瓜は元々薄味なので、甘みを加えると美味しくなるとの事でした。

1_20201014200201 

 三代目 野永 喜三夫氏が内藤かぼちゃを持ってポーズして頂きました。

 全国を飛び回って、こだわり農家さんと直接交流を深めて取引きしているそうです。

 日本料理にこだわって、温故知新をモットーに頑張っている姿が格好良かったです!

2 

2020年3月20日 (金)

キンカン

昔はよくキンカンを蜜煮にして、風邪がはやる季節に食べたものです。以前のキンカンはそれほど甘いわけではなかったので蜜煮にしないと食べにくい、という面もあったのではないかと思います。最近は品種改良が進み、フルーツ感覚でそのまま食べてもおいしいキンカンが続々登場しています。

静岡県の「こん太」は強い甘みが特徴。プレミアム版は「コンターレ」という商品名です。鹿児島県の「春姫」や熊本県の「夢小町」は酸味もしっかり感じられ、宮崎県の「たまたま」は甘みと酸味のバランスが取れたマイルドな味わい。いろいろ食べくらべて、お好みの味のキンカンを見つけてみてはいかがですか?

0309689 031-9680
写真左: こん太(静岡)
写真右: たまたま(宮崎)

0329686 0339678
写真左: 春姫(鹿児島)
写真右: 夢小町(熊本)

 

スプラウト&マイクロハーブ-4

村上農園さんのマイクロハーブ、さらに続きです。

「四川花椒菜」は食べたあと、お口の中に山椒のような辛みがピリリとやってくる不思議な味わいです。辛いものがお好きな方は、ぜひ一度お試しください!

0279646 0289638
写真左: 紫蘇グリーン
写真右: 紫蘇パープル

0299660
写真: 四川花椒菜

 

スプラウト&マイクロハーブ-3

村上農園さんのマイクロハーブ各種、まだまだあります!

この中で面白いな、と思ったのは「ハニーステビア」です。ステビアは甘味料として使われている植物で、ハニーステビアも小さいのにとっても甘いんです。これまでスイーツに使えるハーブはミントくらいでしたが、これからはハニーステビアも使ってみてはいかがですか?

021 0229653
写真左: バジル
写真右: ハニーステビア

0239661 0249644
写真左: ポリジ
写真右: レッドソレル

0259665 0269668
写真左: レッドマスタード
写真右: ロックチャイブ

 

スプラウト&マイクロハーブ-2

マイクロハーブは村上農園さんが一昨年の4月から販売を開始した比較的新しい商品です。これまでのハーブはすぐにしおれてしまうのが難点でしたが、マイクロハーブは根っこがついているので日持ちが良いのが特徴です。

0159670 0169651
写真左: アニスイート
写真右: アマランサス

0179643 0189656
写真左: ウッディナッティ
写真右: クレイジーピー

0199640 0209649

写真左: シトラスフラッシュ
写真右: パクチー

スプラウト&マイクロハーブ-1

スプラウトはもやしと同様に植物のタネを発芽させ、まだ若い芽の状態で食べる野菜です。近年では、種類によりさまざまな機能性成分があることも分かっており、「健康」「美容」に注目が集まる時代には要チェックです!

以下にご紹介するスプラウトは、すべて村上農園さんのものです。小さくてかわいらしい葉っぱは料理の飾りにも重宝します。

0099627 0109622
写真左: かいわれ
写真右: クレス

0119619 0129617
写真左: ブロッコリー
写真右: マスタードグリーン

0139624 0149632
写真左: レッドキャベツ
写真右: 青じそ

伝統野菜のもやし

「伝統野菜プロジェクト」の活動に携わっているよっしーがぜひご紹介したいもやしが、青森県の「大鰐温泉もやし」と山形県の「小野川もやし」です。

どちらも地元の在来種の豆を使い、温泉水で一般的なもやしよりずいぶん長く育てているのが特徴です。シャキッとした歯ごたえと良い香り、しっかりした味わいが楽しめます。

0079671 0089676
写真左: 大鰐温泉もやし(青森)
写真右: 小野川もやし(山形)

もやし

お野菜が不作のときでも通年安定して手に入るのが「もやし」です。

白くて細長い姿や「モヤシっ子」という言葉のイメージから、あまり栄養がないと思っている方もいるようですが、緑豆などの豆が発芽して1週間~10日ほど経ったものですから、これから成長するための栄養素がたくさん詰まっているんですよ!

もやしといえば全国的に有名なのが成田食品さんです。看板商品の「成田もやし」をはじめ、さまざまなラインナップがあるのでご紹介します。

0019594 002besst19614
写真左: 緑豆・成田もやし
写真右: 緑豆・BESST1・業務用

0039602 0049605
写真左: 黒豆もやし・くろっぺ
写真右: 黒豆もやし・くろっぺ・業務用

0059608 0069600
写真左: 小大豆もやし・まめどん
写真右: 小大豆もやし・まめどん・業務用

«「イチゴ」いろいろ-2