« 2012年3月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年4月

2012年4月17日 (火)

新年度 八百屋塾が開講しました!

野菜研究家の江澤正平先生が立ち上げられた八百屋塾も
2000年から始まり、今年で13年目となりました。

4月15日に開講し、これから1年間かけて旬の野菜の食べ比べ、
産地見学を通じて、野菜と八百屋の商売を勉強していきます。

今回は足立区の杉本青果店 店主 杉本晃章氏の講演、
自己紹介、食べ比べを行いました。

こちらの写真は生姜の食べ比べしたものです。
新生姜、国産生姜、中国産生姜とすりおろしたものを食べ比べです。
同じ生姜でも色も違えば、味も違います。

Dsc02639_1_3

野菜っておもしろいですね!

今年度の八百屋塾も始まったばかり、まだ受講生を募集しております。
ぜひ参加されたい方はご連絡してくださいね!

果菜里屋代表の高橋廣道も野菜のおもしろさについて語りました。

Dsc02626


2012年4月11日 (水)

はらんなか 宮崎農園の雪下にんじんの入荷がはじまりました!

通常は秋に収穫するにんじんを、そのまま深い雪の下で越冬させ、
春になってから収穫されるのが“雪下にんじんです。

果菜里屋では、このにんじんの仕入れを行うと春が来たな~と思うのです。
まさに山菜と同様の春の味です。

雪に埋もれたにんじんは、凍らないようにと自ら糖度を上げるため、
自然の甘さがギュッと詰まったおいしいにんじんになるのです。

新潟県中魚沼郡津南町で宮崎農園を営む 宮崎朗さんが作った「雪下にんじん」。
今年の大雪の中で、ゆっくりと甘さを蓄え、宮崎さんが懸命に掘り起こした「雪下にんじん」。
お薦めですよ!

宮崎農園の雪下にんじんは「ひとみ」と「はまべに」の2種類あります。

ひとみ・・・芯まで赤く、人参の中でもっとも柔らかい。
       すっきりした甘さで、香がよいので、生食・サラダ向きです。
はまべに・・・芯が黄色く、ひとみに比べて硬いですが、甘さとともに奥深い味です。
        生食でも美味しいですが、加熱するとコクがでます。

Photo


Photo_2


« 2012年3月 | トップページ | 2012年8月 »