« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月19日 (木)

【1月の八百屋塾】中晩柑-2

1月の【八百屋塾】に登場した「中晩柑」、続きです。

_1_resize_2 _1_5
写真左:甘平(西宇和)
写真右:太田(宇和島)

_1_resize_3 _1_7
写真左:美娘(大分杵築)
写真右:蜜る(西宇和)

【1月の八百屋塾】中晩柑-1

1月の【八百屋塾】、果物は「中晩柑」がテーマでした。

_1 _1_resize
写真左:あまくさ(愛媛県)
写真右:デコポン

_ja1 _1_3
写真左:デコポン(JAからつ)
写真右:はるみ(蒲郡)

【1月の八百屋塾】だいこん-4

1月の【八百屋塾】に登場した「高梨農場」のだいこん、続きです。

1_16 1_17
写真左:赤峰
写真右:淡桜

1_18 1_19
写真左:本三浦
写真右:湘白

【1月の八百屋塾】だいこん-3

1月の【八百屋塾】には、神奈川県三浦市にある「高梨農場」で栽培されたさまざまなだいこんも登場しました。

1_13 1_14
写真左:ニューレディサラダ
写真右:ビタミンだいこん

B1 1_15
写真左:紅芯だいこん
写真右:紅しぐれ

【1月の八百屋塾】だいこん-2

1月の【八百屋塾】に並んだ「だいこん」あれこれ、続きです。

1_resize_3 1_resize_4
写真左:辛みだいこん(群馬県)。普通のだいこんと比べると小さく、辛みが強いため主に薬味として使用される
写真右:聖護院だいこん(京都府)。京野菜のひとつ。煮ると味がしみこみやすく、やわらかい

1_9 1_10
写真左:味一番だいこん(神奈川県)。太くて短い青首だいこん。キムチ、煮物、サラダなどにおすすめ
写真右:三浦だいこん(神奈川県)。肉質が緻密でやわらかい。なます、煮物、つまなどに向く。市場では年末限定で販売される

1_11
写真:もみ菜。主に葉を食べる

【1月の八百屋塾】だいこん-1

1月に開催された八百屋さんの勉強会【八百屋塾】のテーマは、「だいこん」でした。

1_resize  1_5
写真左:青首だいこん(徳島県)。現在主流のだいこんで、円筒形で上部が淡い緑色。水分が多く、甘みが強い
写真右:源助だいこん(石川県)。加賀野菜のひとつ。肉質はやわらかいが煮崩れしにくく、煮物向き

1_6 A12
写真左:レディサラダ(神奈川県)。三浦だいこんと、アメリカやドイツのだいこんとの交配により育成された
写真右:紅芯だいこん(神奈川県)。外観は白く青首で、中は鮮やかな赤。水分が多く、甘みが強い


1_resize_2
写真:ミニだいこん

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »