« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月 4日 (月)

【6月の八百屋塾】すいか

6月の【八百屋塾】、果物は「すいか」がテーマ。熊本、鳥取、千葉、群馬などのすいかが並びました。

0242 0251
写真左:すいか(熊本)
写真右:すいか(千葉)

026
写真:小玉すいか(群馬・藪塚)

【6月の八百屋塾】トマト-4

さいたま榎本農園のトマト各種、続きです。

0193 0203
写真左:オレンジ(さいたま榎本農園)
写真右:きりちゃん(さいたま榎本農園)

0213 0223
写真左:みどりちゃん(さいたま榎本農園)。リコピンがないので、熟しても赤くならない
写真右:中玉トマト(さいたま榎本農園)

0233
写真:シシリアンルージュ(さいたま榎本農園)。加熱調理に向くイタリアントマト

【6月の八百屋塾】トマト-3

講師は、さいたま榎本農園の代表、榎本健司氏さん。さいたま市西区にある農園で、ミニトマトを主体に栽培されています。


今回の【八百屋塾】には、榎本さんが栽培したトマト各種も多数並びました。

0133 0143
写真左:プチぷよ(さいたま榎本農園)。皮が薄くてやわらかい。スイーツにも利用できる
写真右:トマトベリー(さいたま榎本農園)。ハート型のミニトマト

0153 0163
写真左:サンチェリープレミアム(さいたま榎本農園)
写真右:玉女系(さいたま榎本農園)。台湾の品種

0173 0183
写真左:しましまシリーズ(さいたま榎本農園)。ゼブラ模様が特徴
写真右:トスカーナバイオレット(さいたま榎本農園)

【6月の八百屋塾】トマト-2

ミニトマトはカラフルなものが増えており、サラダなどにさまざまな色のミニトマトを使えば、目でも楽しめる一品になります。

0073 0083
写真左:ミニトマト(愛知)
写真右:ミニトマト(北海道)

0091 0103
写真左:ど真ん中(北海道)。赤、黒、黄、緑、オレンジ、5色のミックス
写真右:赤糖房(和歌山)。房つきのミニトマト

0113 0123
写真左:タイガー(愛知)。赤と緑が混ざったような色のミニトマト
写真右:ホワイト(熊本)。水をしぼっても糖度はあまり上がらない

【6月の八百屋塾】トマト-1

6月に開催された八百屋さんの勉強会【八百屋塾】は、「トマト」がテーマでした。

色も形も大きさもさまざま、バラエティ豊かなトマトがずらりと勢揃いしました。順にご紹介します。

0012 0022
写真左:大玉トマト(北海道)。品種は「桃太郎8」中心
写真右:大玉トマト(栃木)。品種は「麗容」

0032 0043
写真左:スーパーフルーツトマト(茨城)。糖度は9度以上
写真右:アメーラ(長野)。長野や静岡の圃場で年間を通じて栽培しているフルーツトマト

0053 0062
写真左:スイートピュア(静岡)。フルーツ系高糖度トマトを青採りしたグリーントマト
写真右:ボンジョルノ(愛知)。加熱用のイタリア系トマト

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »