« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月 2日 (火)

【7月の八百屋塾】もも

7月の【八百屋塾】、果物は「もも」がテーマでした。

山梨から4種類、福島のももが1種類並び、山梨「加納岩白桃」と福島「日川白鳳」の食べくらべも行いました。

「加納岩白桃」は甘みが強くてやわらかく、「日川白鳳」は甘みと酸味のバランスがとれた味わいでした。

0141 0151
写真左:白鳳(山梨・ふえふき)
写真右:白鳳(山梨・一宮西)

0161 0171
写真左:みさか白鳳(山梨・こま野)
写真右:日川白鳳(福島)

0181
写真:加納岩白桃(山梨・加納岩)

【7月の八百屋塾】かぼちゃ-3

各地の伝統品種や、生で食べられるかぼちゃも登場しました。

0091 0101
写真左:鹿ヶ谷南瓜(京都)。京都の伝統品種。だしの味を利かせた煮物に向く
写真右:打木甘栗南瓜(石川)。加賀の伝統品種。スープにしてもおいしい

0111 0121
写真左:そうめんかぼちゃ(岡山)。ゆでると繊維がスルスルとほぐれ、そうめんのようになる
写真右:コリンキー(神奈川)。生で食べられるかぼちゃ

0131
写真:ペポかぼちゃ

【7月の八百屋塾】かぼちゃ-2

7月の【八百屋塾】の講師は、千葉県にある小川農園の小川次郎さんでした。

小川さんが栽培した「長かぼちゃ」をお持ちくださいました。

0051 0061
写真左:栗将軍(茨城)。かつて「えびす」を中心に栽培していたかぼちゃの名産地。最近は、夏の暑さに強い「栗将軍」に変更している
写真右:こふき(メキシコ)。11~1月、5~7月に出回る。昔から味がいいと評価が高いかぼちゃ

0071 0081
写真左:坊ちゃんかぼちゃ(熊本)。小ぶりで丸ごと料理かスイーツに利用できる
写真右:長かぼちゃ(千葉・小川農園)。元は飛騨高山の「宿儺(すくな)かぼちゃ」。自家採取により栽培

【7月の八百屋塾】かぼちゃ-1

7月に開催された八百屋さんの勉強会【八百屋塾】は、「かぼちゃ」がテーマでした。

順にご紹介します。

1 1_2
写真左:かぼちゃの展示
写真右:講師の小川次郎さん

0011 002et1
写真左:みやこ(神奈川)。肥料にこだわって栽培されている
写真右:ET(栃木)。名前の由来は、日本園芸研究所開発の「園芸」の「E」と、栃木県の「T」から

0031 0041
写真左:くりゆたか(鹿児島)。鹿児島のかぼちゃの生産量は近年減少傾向にある
写真右:えびす(鹿児島)。1980年代に全国に広まったかぼちゃのスタンダード品種

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »