« 【8月の八百屋塾】なす-5 | トップページ | 【8月の八百屋塾】なす-7 »

2016年9月 6日 (火)

【8月の八百屋塾】なす-6

今回の【八百屋塾】に、広島から緑色の「狩留家(かるが)なす」が届きました。

広島市安佐北区の狩留家町で、30数年前から3軒の篤農家が自家用に栽培し続けてきたもので、生でもほのかに甘みがあり、火を通すとトロッとクリーミーな食感になります。

現在、広島県産応援登録制度商品、特別栽培農産物に認定され、NPO狩留家が地域ブランド商品として栽培・販売をすすめています。取り組みを開始した2013年は、350本程度の作付けでしたが、4年目となる2016年は約5倍に増えています。7月~10月末ぐらいまで収穫可能とのこと。

生のままなますや塩もみにしたり、焼きなすはもちろん、チーズ焼きも美味。から揚げにしたり、餃子や春巻きの具として使ってもおいしいそうです。みなさんもぜひ召し上がってみてください!

0181
写真:狩留家なす(広島)

« 【8月の八百屋塾】なす-5 | トップページ | 【8月の八百屋塾】なす-7 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【8月の八百屋塾】なす-6:

« 【8月の八百屋塾】なす-5 | トップページ | 【8月の八百屋塾】なす-7 »