« 今月のピックアップ果物「干し柿」 | トップページ | 【伝統野菜プロジェクト】在来じゃがいもフェスタ-2 »

2017年1月20日 (金)

【伝統野菜プロジェクト】在来じゃがいもフェスタ-1

2016年10月29日(土)、【伝統野菜プロジェクト】の第1回目となる勉強会が開催されました。テーマは「在来じゃがいも」。

おなじみの「男爵いも」や「メークイン」などは、明治以降に導入されたじゃがいもですが、江戸時代にオランダからやってきたじゃがいもが、今も各地の山深い急斜面でわずかに作られ、物語とともに伝わっています。それらは、専門家によると「今まで残っていることが奇跡に近い」のだとか。

遺伝子解析の結果、6つのグループに分かれることがわかりました。今回の講座では、6系統の在来じゃがいもが、16種類も勢揃い。

また、長年じゃがいもの原原種栽培に携わってこられた専門家のお話、食べくらべ、伝統的な食べ方・新しい食べ方の試食など、盛りだくさんの内容でした。

0013393 0023330

写真左:在来じゃがいもの展示
写真右:講師の元独立行政法人種苗管理センター嬬恋農場長 野口健氏

« 今月のピックアップ果物「干し柿」 | トップページ | 【伝統野菜プロジェクト】在来じゃがいもフェスタ-2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【伝統野菜プロジェクト】在来じゃがいもフェスタ-1:

« 今月のピックアップ果物「干し柿」 | トップページ | 【伝統野菜プロジェクト】在来じゃがいもフェスタ-2 »