« 2018年1月 | トップページ

2018年2月

2018年2月12日 (月)

水菜ほか-2

水菜の続きとその仲間、また冬におすすめの葉物もあわせてご紹介します。



0113458 0123469
写真左:サラダみず菜 (茨城)
写真右:ベビーリーフミズナ(茨城)


0133474 0143498
写真左:壬生菜(京都)。 水菜の仲間で、京都の「壬生寺」周辺で作られていた野菜。葉にギザギザがなく、細長く丸みがある
写真右:京菜(千葉)


015ja3462 0163488
写真左:ちぢみこまつ菜 (茨城・JAなめがた)。タアサイと小松菜のかけ合わせ
写真右:春菊(大阪)

水菜ほか-1

「水菜」は京都から各地に広まった野菜で、現在も京都産の水菜は高いブランド力を誇っています。生産量から見ると、茨城県で最も多く作られており、関東でもサラダや鍋物の具材としてすっかり定着しました。


各地のさまざまな水菜をご紹介します。


0063459 0073453
写真左:京みず菜(京都)。昔から京都周辺で栽培されていた野菜で、肥料を使わず水と土だけで作られていたこと、あぜの間の清流で育てられたことから「水菜」と呼ばれるようになった
写真右:大株水菜(大阪)。関西では漬物需要も多く、大株の水菜が出回っている。品種は関東で出回っている水菜と同じで、土壌や作り方の違いにより大株になる


008ja3456 0093471
写真左:みず菜(茨城・JAなめがた)。ギザギザの葉と白いすらりとした茎が特徴で、クセがなくシャキシャキとした歯触りが持ち味
写真右:赤ミズナ(茨城)。アントシアニンを含み、茎が紫色。加熱しても色が残る


0103476
写真:潮江菜(うしおえな/高知)。水菜の原種といわれる高知県の伝統野菜。植物学者牧野富太郎博士の指示により竹田功氏が、土佐に伝わる野菜のタネを収集。これを託された生産者、熊澤秀治氏を中心に「Team  Makino」が結成され、「牧野野菜」として育成されている

みつば

「みつば」というと、お吸い物に使うくらいしか調理法が思いつかない、という方も多いかもしれませんが、和え物やかき揚げ、卵焼きの具材などにしてもおいしいものです。

一般的に出回っているみつばのほとんどは水耕栽培の「糸みつば(青みつば)」です。果菜里屋がみなさんにぜひ食べていただきたいのは、「根みつば」と「切みつば」。盛り土をしたりムロに入れたりして軟化栽培したもので、香りやシャキシャキ感が格別です。

根みつばや切みつばは栽培や調整に手間がかかるため、生産農家が減少している、と聞きました。少しでも、根みつばや切みつばのおいしさをわかってくださる方が増えると嬉しいです。


0014801 0023531
写真左:根みつば(岩手)
写真右:根みつば(茨城)


003ja4798 0044799
写真左:切みつば(茨城・JAなめがた)
写真右:切みつば(茨城・北浦)


0054804
写真:切みつば(茨城・野友)

« 2018年1月 | トップページ