« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月13日 (火)

雑柑類-2

雑柑類、続きです。



0255294 0265299
写真左:はまさき(佐賀)
写真右:津之輝(宮崎)。清見に興津早生を掛け、さらにアンコールを掛けたもの


0275317
写真:大将季(鹿児島)

雑柑類-1

みかんが終わっても、日本には素晴らしい味わいの柑橘類がたくさんあります。甘みの強いもの、糖酸のバランスがよいものなど各種ありますので、お好みの柑橘を探してみてはいかがでしょうか。



0212 0225305
写真左:せとか(愛媛)。清見に、アンコール、マーコットの掛け合わせ
写真右:ひめのつき(愛媛)。アンコール×日向夏


0235311 0245324
写真左:甘平(愛媛)
写真右:土佐文旦(高知)

春の小物野菜-4

春野菜各種、最後です。ぜひ、さまざまな春野菜を食べて、お気に入りの味を見つけてみてください!



0172 0185292
写真左:サボイキャベツ。「ちりめんキャベツ」とも呼ぶ。「サボイ」はフランスの産地の名
写真右:カーボロネロ。イタリアトスカーナ地方原産とされる不結球キャベツ。「黒キャベツ」ともいう


0195197 0205283
写真左:コールラビ。原産は地中海沿岸。かんらんの肥大した茎の部分を食用にする。「かぶかんらん」とも
写真右:ピッコロホワイト(神奈川)

春の小物野菜-3

春野菜各種、さらに続きです。



0135239 0145216
写真左:アレッタ(埼玉)。「ブロッコリ」に「ケール」を交配した、スティックブロッコリーの一種
写真右:オータムポエム(新潟)。品種名は「アスパラ菜」。中国野菜の「菜心」と「紅菜苔」の交配種


0155224 0165248
写真左:スティッキオ(宮城)。日本で品種改良したスティックタイプのフェンネル。トキタ種苗が販売
写真右:カリフローレ(沖縄)。トキタ種苗が開発。主として食べるのは、花蕾とその下、軸の部分

春の小物野菜-2

菜花や山菜類に代表されるように、春の野菜たちはほろ苦いものが多いと思いませんか? ヒトや動物は春に目覚めるため、こうした苦みのある食物を体が求める、といわれています。



0075180 0085173
写真左:菜の花(千葉)。木枠を使い束にするのが千葉の菜花の伝統的な作り方。今年は低温などの影響で量が少ない
写真右:おいしい菜(福岡)。博多シリーズのひとつ。春先まで出回る


0095200 0105254
写真左:蕾菜(福岡)。「おいしい菜」同様、博多シリーズの野菜。からし菜の一種で、わき芽部分のみを収穫する
写真右:神崎あーさい(佐賀)。佐賀県神埼市で栽培、「子持ちタカナ」とも呼ばれる季節限定の特産品


0115208 0125230
写真左:庄内あさつき(山形)。山形の伝統野菜のひとつ
写真右:アスパラガス(岩手)。JA新いわては秋冬のアスパラガスに力を入れている

春の小物野菜-1

大雪や低温などで寒かった冬もそろそろ終わり、少しずつ春の気配が感じられるようになってきました。今回は、果菜里屋おすすめの春野菜各種をご紹介します。



0015161 0025270
写真左:プチヴェール(静岡)。芽キャベツとケールを掛け合わせたもの。栄養価が高く、サッと加熱するだけでおいしく食べられる
写真右:プチヴェール・白(神奈川)


Dsc_5152 0045167
写真左:芽キャベツ(静岡)。シチュー、ポトフなどの煮込み料理のほか、油との相性がいいので天ぷら、ガーリックオイルソテーなどもおすすめ
写真右:スティックセニョール(静岡)。ブロッコリーと中国野菜のカイランを掛け合わた品種で、「茎ブロッコリー」とも。茎の部分の歯ごたえを楽しむ野菜


0055188 0065260
写真左:サラダオニオン(静岡)。辛みの少ない新玉ねぎ。名前の通り、サラダなど生食がおすすめ
写真右:サラダセロリー(静岡)。セロリのスプラウト。小さいが、香りはしっかりしていて、料理のアクセントに

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »