« 旬vegetales~8月号~薬味特集♪ | トップページ | 甘みたっぷり、とうもろこし-2 »

2018年8月19日 (日)

甘みたっぷり、とうもろこし-1

夏の風物詩のひとつ、とうもろこし。近年は品種改良が進み、とても甘みの強い品種が多くなっています。採れたてのとうもろこしともなると、その糖度は20度になることもあり、果物以上の甘さです。ただ、とうもろこしは収穫すると、どんどん甘みが失われていきます。おいしく食べるコツは、手に入れたらすぐに加熱調理すること。冷蔵庫で生のまま放置しないように気をつけましょう!


001 002
写真左:バイカラー(山梨)。白粒種と黄粒種の混合。黄色:白色が3:1の割合で現れる。甘みが強い
写真右:ピクニックコーン(茨城)。普通のとうもろこしの7割程度の大きさで食べきりサイズ。濃厚な味で表皮が薄く、果汁が多い


003 004
写真左:味来(茨城)。「ゴールデンコーン」とも呼ばれる粒が濃い黄色の品種。甘みが強く、粒皮がやわらかい
写真右:朝生とうもろこし(岐阜・備中農園)。収穫時期と鮮度保持にこだわったプレミアムとうもろこし。早朝に採ったものを、生の、いちばん甘くておいしい状態で食べてほしい、という思いから「朝生とうもろこし」と名付けられた

« 旬vegetales~8月号~薬味特集♪ | トップページ | 甘みたっぷり、とうもろこし-2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/66953722

この記事へのトラックバック一覧です: 甘みたっぷり、とうもろこし-1:

« 旬vegetales~8月号~薬味特集♪ | トップページ | 甘みたっぷり、とうもろこし-2 »