« 2019年11月 | トップページ

2019年12月

2019年12月23日 (月)

今が旬の果物「早生ミカン」

冬の風邪予防には、ビタミンCが豊富なミカンがおすすめです!

品種や産地によって、甘みが強いもの、酸味がしっかりしているもの、味の濃さ、香りなどがさまざまです。ぜひいろいろと食べくらべて、お好きな味のミカンを見つけてみてください。

0139809 0149784
写真左:真穴(愛媛・西宇和)
写真右:興津早生(静岡・もばた農園)

0151309793 0169776
写真左:マイルド130(福岡)
写真右:西海(長崎)

017
写真:森繁(和歌山・有田)

ネギ-2

ネギの続きです。

関東では先ほどご紹介した「根深ネギ」のような太くて白い部分を食べる食文化が主流ですが、関西では「九条ネギ」に代表される「葉ネギ」のほうが一般的に食べられています。どちらもそれぞれに味わいがあるので、料理によって使い分けてみてください!

0070003 0089768
写真左:九条ネギ(京都)。青い葉を食べる「葉ネギ」タイプ
写真右:博多万能ネギ(福岡)。九条ネギよりもっと細めに育てた葉ネギ。薬味に重宝される

0099747 0109755
写真左:赤ネギ(山形)。白いネギでも元々持っている赤い色が入る形質を濃くしたもの。赤い色素はアントシアニンで、加熱するとやや退色するが、うっすらと赤い色が残る
写真右:オニオンブランシュ(静岡)。葉付きの小さな白玉ねぎ。玉だけでなく葉も食べられる

0119752 0129763
写真左:アサツキ(埼玉)。万能ネギ同様、薬味に使われる葉ネギ。東北地方の「アサツキ(別名ひろっこ)」とは違うもの
写真右:リーキ(輸入)。太くてやわらかな肉質が特徴の西洋ネギ。ポワロー、ポロネギとも呼ばれる

ネギ-1

今年は寒い日があったかと思えばまた暖かくなったり、気温の変化が激しい日が続いていますね。ずっと寒いのもつらいものですが、これだけ温度変化があると体調管理にも気を遣います。古来から「体にいい食べ物」として知られているネギをたくさん食べて、元気に冬を乗り切りましょう!

0019724 0029734
写真左:深谷ネギ(埼玉)。土寄せをして白い部分を長く育てた「根深ネギ」。関東では埼玉県深谷が大産地として知られている
写真右:曲がりネギ(宮城)。生育途中でいったん掘り起こし、寝かせて植え替えることでわざと曲げて育てたもの。あえてネギにストレスを与えることで甘みが増すといわれている

0039731 0040006
写真左:千寿ネギ(栃木)。ネギ商である「葱茂」の扱うブランドネギ。時期によって、栃木産や埼玉産のいい商品を使い分ける
写真右:千住ネギ(東京)。足立区で栽培。ブランドネギの「千寿ネギ」と区別するため「千住ネギ」と表記される

0052 0069996
写真左:白美人ネギ(栃木)。軟白栽培により、やわらかな食感が特長。生でサラダにしてもおいしい
写真右:あじさいネギ(千葉)

« 2019年11月 | トップページ