« スプラウト&マイクロハーブ-4 | トップページ

2020年3月20日 (金)

キンカン

昔はよくキンカンを蜜煮にして、風邪がはやる季節に食べたものです。以前のキンカンはそれほど甘いわけではなかったので蜜煮にしないと食べにくい、という面もあったのではないかと思います。最近は品種改良が進み、フルーツ感覚でそのまま食べてもおいしいキンカンが続々登場しています。

静岡県の「こん太」は強い甘みが特徴。プレミアム版は「コンターレ」という商品名です。鹿児島県の「春姫」や熊本県の「夢小町」は酸味もしっかり感じられ、宮崎県の「たまたま」は甘みと酸味のバランスが取れたマイルドな味わい。いろいろ食べくらべて、お好みの味のキンカンを見つけてみてはいかがですか?

0309689 031-9680
写真左: こん太(静岡)
写真右: たまたま(宮崎)

0329686 0339678
写真左: 春姫(鹿児島)
写真右: 夢小町(熊本)

 

« スプラウト&マイクロハーブ-4 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スプラウト&マイクロハーブ-4 | トップページ