« 飛騨の朝市でゲットした子 | トップページ | 宿儺(スクナ)カボチャ その2 »

2005年8月30日 (火)

宿儺(スクナ)カボチャ その1

土日の高山旅行、飛騨に行ったら会いたいものがありました。宿儺(スクナ)カボチャです。わたくしは3年前に新宿伊勢丹の野菜売場でスクナカボチャに初めて会い、こんなカボチャもある!と興味をひかれてつい買ってしまったことがあるのです。
そのときのメモがこれ⇒http://www.wordsworks.co.jp/vege/webmaga/depa/depa_010.htm

宮川朝市に出ていたスクナカボチャ。Sukuna03_2
いろんなカタチがある。細長いのは確かにスクナね。楕円形のは…?
3年前に東京で会ったスクナくんは半分に切ってあり、長さ18cmだった。ということは全長36~40cm。だが、ここにあるのは50cm以上。かつて出会ったあのスクナくんはベビーだったのかしら。

陣屋の朝市にあったスクナカボチャ。↓Sukuna02
まるで古代の生き物みたい。
スクナカボチャは皮がすごく固く、ナタで割るほどだといいます。でも、3年前のスクナくんはフツーのカボチャよりも切りやすかった。ということは、やはり、おとなになっていなかったのかなぁ。

丹生川(にゅうがわ)町にある乗鞍ファーマーズマーケットの売場。↓Sukuna01
丹生川はスクナカボチャ研究会があり、生産されているところだけあって、スクナカボチャが山になっていた。1本1000円くらい。4~5本、買っていく人もいます。重そう。

研究会の代表の方のお話によると、スクナカボチャの由来はよくわからないとか。わたくしは3年前のメモに、約10年前に越後から高山に来た杜氏がもってきたタネという話を書いたのですが、それは諸説あるうちのひとつで、10年前ではなく数十年前だそうです。いずれにしても、研究会の方がわからないとおっしゃるのですから、どのように栽培が始まったのか、確定できないということでしょうね。
スクナカボチャの生産はお勤めをリタイアしたり、農業の第一線から離れた方などお年寄りが多いとか。採算が合わなくても続けていけるのは、その辺らしい。

|

« 飛騨の朝市でゲットした子 | トップページ | 宿儺(スクナ)カボチャ その2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/5705712

この記事へのトラックバック一覧です: 宿儺(スクナ)カボチャ その1:

« 飛騨の朝市でゲットした子 | トップページ | 宿儺(スクナ)カボチャ その2 »