« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月30日 (金)

つまみな手ってどんな手?

Tumamina01 つまみ菜を見つけました。お久しぶり!という気がして、思わず買いものかごへ入れました。

続きを読む "つまみな手ってどんな手?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木)

で、いちじくジャム

Itijiku032 2種類の いちじくは、洗って、そのまま皮をむかずに食べたのですが、やっぱり思い出のいちじくとは違う。で、ジャムにしました。

続きを読む "で、いちじくジャム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

アダムとイブの昔から

先週だったかしら、新宿伊勢丹で、2種類のいちじくが売られていました。果皮の色も、大きさもすごく違うので、面白くて買ってみました。
蓬莱柿Itijiku01
桝井ドーフィン↓Itijiku02

続きを読む "アダムとイブの昔から"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

しいたけ3種

Siitake01 八百屋さんの勉強会でもらってきた生しいたけ、上は飛騨高山産、左下は福島産、右下は中国産。飛騨高山のしいたけは、いかにもカッチリしっかりしている感じです。福島産にはパッケージのトレーの跡がついています。中国産は、ちょっとフクロダケ風の笠のカタチが独特です。

続きを読む "しいたけ3種"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

待った甲斐あり

Pear002 洋なしが到着してから約10日後の姿です。届いたときは、保冷車で冷え冷えでやってきました。で、とりあえず冷蔵庫に入れ、みなさんにお分けしてから、外に出した。今年の残暑はきびしかったですね。最高気温が30℃を超える日が、ずいぶん続いたような気がします。で、この色です。香り高く、なめらかな食感の洋なしのできあがり。待った甲斐がありました。

続きを読む "待った甲斐あり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

9月の八百屋塾から その3

続けて、同じく中国産と日本産の比較、生しいたけ↓Siitake01_2 Siitake02_2
どちらもしいたけ菌をおがくずなどを固めたものに植えつけて育てる、菌床栽培でできたものです。

続きを読む "9月の八百屋塾から その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

9月の八百屋塾から その2

中国野菜と日本野菜もくらべました。
◇にんじん
・日本のニンジンは北海道産。「向陽2号」という品種↓Carrot01_2
煮たものを食べくらべましたが、国産はだしがよくしみて、水分を多く含んで煮上がっていると思いました。

・中国産のニンジンは、「黒田5寸」か「ベータ316」↓Carrot02_2
ニンジン独特のにおいがちょっとしました。このにおい、ニンジン嫌いな人の理由のひとつです。味は甘みが強く、噛むと日本産よりちょっとかたい感じ。
でも、国産がいいか中国産がいいか…。これは好みだなぁ。

続きを読む "9月の八百屋塾から その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

9月の八百屋塾から その1

八百屋さんの勉強会「八百屋塾」の9月のテーマは、輸入野菜と国産野菜の比較でした。
◇アメリカと日本のブロッコリー
・アメリカ産↓Broccoli01_2
箱を開けると、砕いた氷が詰まっていました。品種はパトリオットかマラソンのどちらか。産地はカリフォルニア、サリナス・サンタマリアが中心。収穫して約2週間で日本に着きます。通関に2日かかりますから、市場につくのは最短で16日目。店頭に並ぶのは、さらに1~2日後ということでしょう。

・国産は長野産のピクセルという品種↓Broccoli02
JA佐久浅間小沼のものです。アメリカ産に比べて、色が淡い。

続きを読む "9月の八百屋塾から その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

意外なジャガイモたち

「ポテトのお取り寄せ」という楽しい仕事があり、味を比べてみました。いちばん知られている3種です。

・ダンシャク↓Danshaku
・メークイン↓Mayqu
・キタアカリ↓Kitaakari

続きを読む "意外なジャガイモたち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

待つわ

Pear001_3 8月末に飛騨高山へ行きました。そのとき撮った写真のデータを、お世話になった方にお送りしたところ、西洋なしが一箱届きました。まだ色は青々としていますし、さわってみるととてもかたい。
了解。キミたちはこれから「追熟」というプロセスが必要なのであるな、と納得し、ただいま待機中です。

続きを読む "待つわ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

2005年9月の陽子ファームから

Yoko_0509 台風の影響、畑にはもろに出ます。今回は大型だったというだけでなく、秋雨前線を刺激して雨が降り続いたし、自然の恵みをいただくということは、ほんとうにたいへんなことです。

続きを読む "2005年9月の陽子ファームから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

トマトのタルト

Tmt_tart01 トマトがたくさんあるので、トマトソースをつくっておき、土曜日にタルトを焼きました。

続きを読む "トマトのタルト"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

野菜で店のセンスがわかる!

Vege01_2 金曜日の夜、仕事仲間が教えてくれた居酒屋、蒲田の「海老勝」に、古くからの友人たちと集まりました。「湘南の野菜がおいしい」というウワサのサラダが、写真の一皿。あわせ味噌とマヨネーズ風味のディップが添えられ、歓声のなかの登場です。

続きを読む "野菜で店のセンスがわかる!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

ウウゥ、かゆい!

Yamato01 今回の“野菜の学校”の食べくらべには、ねばトロ系のお芋がいろいろ。ナガイモは北海道産1種、青森産2種の3種類、ヤマトイモは埼玉産と千葉産の2種類。

続きを読む "ウウゥ、かゆい!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

トマトまたトマト

Tomato03 ↑これは、“野菜の学校”に、トキタ種苗さんが参考出品した、ミニトマト。北海道東神楽町にある「しんむら農園」でつくっている「しんさんのゆめトマト」です。

続きを読む "トマトまたトマト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

桃太郎クンと桃太郎クン

Tomato06 土曜日の“野菜の学校”で試食用に用意されたトマトは、桃太郎系が4種類とミニトマト2種類。桃太郎は、北海道産の「桃太郎T-93」と、青森産、岐阜産、福島産の「桃太郎8」。わたくしも食べくらべてみましたが、はっきりした違いはわかりませんでした。

続きを読む "桃太郎クンと桃太郎クン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

オンクラさんのトマト

Tomato042 前の土曜日(9月3日)は、<野菜と文化のフォーラム>が開いている“野菜の学校”の日。わたくしは裏方として参加しています。その講義が始まる前、聴きに来ていた御倉多公子さんから、「これ全部使ってトマトソースをつくってみて」と、いろんなトマトをいただきました。「うまいのもまずいのも、白いのも赤いのも、その日の収穫を全部あわせてソースにすると、なんにも入れないで煮詰めただけでも絶妙な味になる」そうです。

続きを読む "オンクラさんのトマト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

食用ホオズキについてのメール

Hoozuki04 先週の月曜日、飛騨高山の宮川朝市でゲットした食用ホオズキのことを書きました。そうしたら、わたくしの野菜の先生のひとり、通称「ペコチャン」からメールが届きました。了解をいただきましたので紹介します。

続きを読む "食用ホオズキについてのメール"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

飛騨高山の野菜あれこれ

飛騨高山で栽培されている野菜は、ほうれん草とトマトがメインです。トマトは岐阜県生産量の54%、ホウレンソウは70%にもなる。そのほか、ハクサイ、ダイコン、ネギ、キュウリ、ナス、ジャガイモ…などなど。地方野菜=伝統野菜と思いこんでいたわたくしは、なるほどそうなのか、と納得しました。

続きを読む "飛騨高山の野菜あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

生きたヤマクラゲだ!

S_lettuce00 まだ、飛騨高山旅行が続いています。
これは、<乗鞍ファーマーズマーケット>でみつけた野菜↑
「ヤマクラゲ」と書いてあったので、思わず買ってしまった。へーっ、 ヤマクラゲって、こんな野菜だったんだ。野菜ってことは生きてるってことだから、これは生きたヤマクラゲってことだ。
わたくしがヤマクラゲに初めて遭遇したのは、どこかの居酒屋。ごま油風味&ピリ辛味の突き出しになっていました。コリコリした食感は嫌いじゃありません。そのときから「ヤマクラゲって、ナンダロー」と思っていたのですが、沖縄に行ったときに公営市場で乾燥した「ヤマクラゲ」に出くわしました。もちろん、買って帰ったのですが、そのままひきだしのなか。今回、探してみたら行方不明。ていうか、とっくの昔に捨てちゃったみたいです。

続きを読む "生きたヤマクラゲだ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

アキシマササゲ

飛騨高山旅行の続きです。

Sasage03 岐阜県は、2002年に、県内で主に栽培され、気候風土による特徴がある在来種を「飛騨・美濃伝統野菜」として認証することにしました。そのひとつが、このアキシマササゲというインゲンマメ。飛騨丹生川地区の庭先で、昔からつくられている地場野菜だそうです。
特徴は、緑の莢に、紺のカスリのような模様が入っていること。←この写真のアキシマササゲは、ホテルの日本料理店に飾ってあったもの。模様がすごくよくわかります。が、わたくしが宮川朝市で買ったのは、あまりカスリ模様が入ってなかった。

続きを読む "アキシマササゲ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »