« 「みつき」というお芋 | トップページ | 宇宙農場のお芋たち »

2005年11月18日 (金)

娃々菜(わわさい)

Wawasai01 写真は白菜、なのです、一応。でも、サイズが違う。実は、フツーの白菜はいちばん右にチラリと見えているヤツで、今回真ん中で注目を浴びているのは、白菜に比べるとずいぶん小さい、「娃々菜」(わわさい)であります。「娃々菜」の「娃」という字は、中国語で「赤ちゃん」の意味とか。つまり「ベビー白菜」ということなのね。

娃々菜(わわさい)は、中国からやって来た白菜です。トキタ種苗というタネ屋さんの会長さん、時田勉さんが中国でみて「これだ!」と思い、日本で育つように研究改良したもの。中国では雲南省を生産元とする「娃娃菜」が、無公害野菜として、全土(広うござんす)に普及していると聞きました。

以前にテスト用の娃々菜(わわさい)を1個いただいたことがありますが、芯の部分は生で食べるとやわらかくて甘いからサラダになる。で、洋でしょ。中国料理はもともと得意科目でしょ。それに鍋ものとか煮ものとか、和でしょ。ベビーのくせに使えるヤツ!なのでした。
それにこのサイズ、いいですよね。10月末に発売になったそうです。早くうちの近くでも売らないかしら。

|

« 「みつき」というお芋 | トップページ | 宇宙農場のお芋たち »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/7182095

この記事へのトラックバック一覧です: 娃々菜(わわさい):

« 「みつき」というお芋 | トップページ | 宇宙農場のお芋たち »