« 楼外楼の野菜そば | トップページ | 2005年12月の陽子ファームから »

2005年12月 9日 (金)

サボイキャベツ

Savoy01 野菜売場で すごく自己主張しているキャベツがいたので、買ってみました。サボイキャベツです。家に帰って写真を撮り、さっそく料理。

まず、洗って生のままちょっとかじってみた。パリパリというよりはカリカリ、というか…。甘くみずみずしい、とはいいにくい。生ではツライ。
前にサボイキャベツの仲間の黒キャベツをいただいたことがあります。そのときはベーコンとスープにしたのですが、煮込み方が足りなかった。今回はロールキャベツにしようかな。でも、食べきれずにたくさん残りそうだし。やっぱりスープにしよ。外国のヒトのレシピの方がよいかもしれない。
と探してみると、マリオ・ベリーニさんのレシピに、「カラブリア風キャベツスープ」を発見。わたくしはマリオさんのレシピと相性がよいので、きっとうまくいく。「カラブリア地方の人々は、1時間から2時間もゆっくりと長い時間をかけて、キャベツがとろとろになるまで煮ます」と解説されています。これだ!
マリオさんはラードを使っていますが、代わりに脂身がたっぷりのパンチェッタ。牛のブロードの代わりに水とグラスドビアン。レシピ通りではないが許してくれ、と思いつつ…。でも、2時間くらい煮たけれど、サボイキャベツはびくともしないの。トロトロになんかなりません。
マリオさんは、スープができたら、トーストしたパンをスープ皿にしき、その上からトロトロになったキャベツスープを注いで、おろしたペコリーノチーズを振りかけて食べるというのですが、トロトロじゃないんだよなぁ。で、パンとチーズは抜きにして、スープのまま、「カラブリア風直前キャベツスープ」をいただきました。パンチェッタとスープの味がしみこんで、キャベツ自体の味はあまりハッキリしないのですが、ふつうのキャベツのような甘みはありません。独特のにおいもしっかりあって、最後までサボイだぞと主張していました。

結局キャベツ1個で8食分くらい、具だくさんのスープができました。そのうちの4食を2日間続けて食べ、残りは冷凍してみた。解凍して食べたけど、それも悪くなかった。

ちなみにこのサボイキャベツはオランダ産。1.2㎏で1,050円でした。ウェブでサボイキャベツを検索すると、「葉がやわらかい」、「甘い」、「サラダに…」と、書いてあるのですが、このサボイキャベツは、生は×、煮込み○のタイプだった。オランダ産だからかしら。
キャベツの生食は日本独特と聞いています。わが国の農業技術はサボイキャベツまで生食用にアレンジしちゃったってことかな。

|

« 楼外楼の野菜そば | トップページ | 2005年12月の陽子ファームから »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レシピ」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

野菜(西洋野菜)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

1050円、高い!
オーストリアに住んでいますが、秋になって、一個40円〜100円程度で売られています。

投稿: Hiraganaboy | 2011年10月12日 (水) 23時45分

■Hiraganaboyさん
コメントありがとうございます。
これ、だいぶ前の話なのですが、ホントに高いですよね。
最近は国産のサボイキャベツも見かけるようになりました。
国産はこれほど高くないと思います。
でも、輸入ものは今もけっこう高いかもしれません。

投稿: クサマヒサコ | 2011年10月13日 (木) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/7539291

この記事へのトラックバック一覧です: サボイキャベツ:

« 楼外楼の野菜そば | トップページ | 2005年12月の陽子ファームから »