« 1月の八百屋塾 ちぢみ雪菜 | トップページ | お友だちのおうちで »

2006年1月27日 (金)

うるい

Urui01 うるいをみるといつも、「あなたは春の女神ね」と思います。ほっそりした姿、まっ白から緑へと変化していく色。自然はほんとうに美しいものをつくりだします。
ユリ科ギボウシ属。本州から北海道に自生する山菜だったのですが、いまやハウスで栽培され、雪の多いところの冬から春にかけての作物の一つになっているとのことです。

Urui02 サッとゆでて、酢みそであえました。軽いぬめりがあります。クセはなく、かすかな香りと歯触り、そして春らしい色がウレシイ。

産地は、山形県JA新庄もがみ。1パック100g 210円だったのですが、夕方のお店が閉店前、違う野菜をなんでも×3つ=525円セールでゲットしました。

|

« 1月の八百屋塾 ちぢみ雪菜 | トップページ | お友だちのおうちで »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜(山菜・野草)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/8364977

この記事へのトラックバック一覧です: うるい:

« 1月の八百屋塾 ちぢみ雪菜 | トップページ | お友だちのおうちで »