« クラウンメロンのタルト | トップページ | さぬきのめざめ »

2006年2月20日 (月)

出島の親子?

Dejima01 たまたまいただいた新ジャガと、うちにあったじゃがいもが同じ品種、「出島」だったので、いっしょに写真を撮りました。

出島というのは、長崎の出島のこと。昔々、日本にやってきた南蛮人が出島で栽培していたイモ、日本人はそれをジャガタラ(ジャカルタのこと)のイモだというので、「ジャガタライモ」⇒「じゃがいも」と呼ぶようになったといいます。つまり、出島は初めて根をおろした、じゃがいもにとっては忘れられない土地、というわけです。ま、じゃがいもの伝来には諸説あって、これもその一説なのですが…。

Dejima02 そこで、長崎県の試験場が、1971年に新品種をつくりだしたときに、この由緒ある地名を付けたのね。親は「北海31号」と「雲仙」。春秋と2回栽培されるタイプで、うちにやって来たのは秋作のほうでしょう。「肉質はやや粉質でみずみずしく、少し煮くずれすることもある」そうです。

大きい出島は、染め煮やおみそ汁に入れましたが、あまり煮くずれしなかった。大きいけれど、これもたぶん新ジャガです。小さいほうは蒸して、最近よくつくるタプナードソースでいただきました。

|

« クラウンメロンのタルト | トップページ | さぬきのめざめ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/8756282

この記事へのトラックバック一覧です: 出島の親子?:

« クラウンメロンのタルト | トップページ | さぬきのめざめ »