« ゆずこしょう | トップページ | 越冬有袋みかん 小太郎 »

2006年2月24日 (金)

原田さんのミネストローネ

Minestrone01 このミネストローネ、原田慎次さんのレシピ(「アロマフレスカのパスタブック」)をみてつくったものです。

これ、わたくしがいつもつくるミネストローネとすごく違うの。いつものミネストローネは、「マリオのイタリア料理」というシリーズにあるレシピで、オリーブオイルをたっぷり使うのだけれど、あとは野菜と水、塩こしょうだけ。野菜の種類はそのときにあるものを使うからいろいろだけれど、基本はオリーブオイル、野菜、水、塩、こしょう。シンプルでしょう?

ところが、原田さんはバタを使う、ベーコンを使う、チキンスープも使う。それならまずいわけないよな、と思いつつ、一抹の不安。

もう一つ、いつもの作り方と違うのは炒め&蒸し煮の時間。わたくしは、マリオのレシピよりもずっと長く、1時間くらい炒め&蒸し煮にします。蒸しているうちに野菜のかさが少しずつ減っていく。そのときに野菜から甘みが出てくるような気がして、ゆっくりじっくり。

原田さんは、バタでベーコンを炒め、野菜を加えて20分蒸し焼きにするという。その後、トマトを加えてチキンスープで30~40分煮込むというのね。器に盛ったら、オリーブオイルとパルメザンチーズをふっていただくというのが原田流なので、一応その通りにやってみました。が、これはミネストローネかしら。とても濃厚だし、なんだか味が暴れているというか、落ち着かない。

いつもスープを作るときは、たーくさん作って冷凍しておくのですが、原田さんのミネストローネがわたくしの好みに近くなったのは、なぜか冷凍してから。
器に盛ったときにパルメザンチーズなしでオリーブオイルだけふってみたら、悪くない。それに解凍してあたためるときに、カブとかトマトとか火の通りやすいモノを加えると、もっとよい。
朝の忙しいときに、自分で作ったスープがあると豊かな気分です。

|

« ゆずこしょう | トップページ | 越冬有袋みかん 小太郎 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レシピ」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/8817414

この記事へのトラックバック一覧です: 原田さんのミネストローネ:

« ゆずこしょう | トップページ | 越冬有袋みかん 小太郎 »