« 国産リーキでネギのキッシュ | トップページ | ふるーつ物語 »

2006年2月 7日 (火)

京菜の東西

Kyouna01 先日、勉強会で話題になった関東の「京菜」を見つけました。埼玉県産です。

「京菜」は、京都の伝統野菜「水菜」のことを関東で呼ぶ名前である。と、先生から説明がありました。すると質問。関東には、京野菜の水菜とは違う、「京菜」と呼ばれる葉っぱがある。あれは何なのでしょうか。

質問者の、関東で「京菜」と呼ばれる葉っぱについての説明がなかなか伝わらず、おこたえは次回にいただくことになりましたが、これこれ!これが、関東で「京菜」と呼ばれる葉っぱなんですね。

Kyouna02 京都の水菜があったので、並べて撮ってみました。なるほど、水菜とはだいぶ姿かたちが違います。でも、もとは同じ植物なのかしらん。それが京都と関東という土地の違いで、こんなにも違ってしまったのかも?

ちなみに、関東で「京菜」と呼ばれる葉っぱは、塩漬けにするといいらしいので半分を浅漬けに、あとはみそ汁に入れて食べました。濃い緑の葉っぱのところが、ちょっと苦かった。もう少し漬けた方がよかったのかもしれない。

|

« 国産リーキでネギのキッシュ | トップページ | ふるーつ物語 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

草間さん今晩は!
関東の京菜の件ですが
当店では今塩漬けは京菜と白莱を自家製にて販売しています。
hpの写真の京菜は株張の京菜です。京菜は白い茎の部分がシャキシャキしておいしいのですが葉の部分はあまりおいしくない様です。その為、当店では株が張らない
若獲りの束物になって出荷される物を漬ける様にしています。-日塩漬けして半日漬け返し葉先は5cmくらい切り落として店頭に出す様にしています。
霜多ファーム見学会67名の方が参加されます 今から楽しみにしています。
立春を過ぎたと云えまだまだ厳しい寒さが続く様ですどうかご自愛下さい。 杉本晃章

投稿: 杉本晃章 | 2006年2月 8日 (水) 20時44分

杉本さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
関東の京菜、緑の濃い葉っぱの先は、やはりあまりおいしくないんですね。私が漬けた京菜は、もう浅漬けじゃなくなっています。早く食べてしまおう。
霜多ファーム、ずいぶんたくさんいらっしゃるんですね。楽しみにしています。どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: クサマヒサコ | 2006年2月 8日 (水) 21時02分

初めまして。神奈川県内で水菜を栽培販売している人やお店があれば紹介願いたく、お便りしました。

投稿: yasu | 2011年11月30日 (水) 16時30分

■yasuさま
お問い合わせの件、私は存じませんので、聞いてみます。
少しお待ちください。

投稿: クサマヒサコ | 2011年11月30日 (水) 17時19分

■yasuさま
下記、よこはま青果塾の藤岡輝好委員長に教えてもらいました。
----------------------------------------
横浜産の水菜は、大体直売所に行けば手に入ります。
市場経由ですと 相鉄ローゼンさんとライフさんのごく一部の店舗で扱っています。
弊社(藤岡食品(株))でも時々扱っています。
横浜市場の入荷は10~30ケースぐらいです。
----------------------------------------
以上、どうぞよろしく。

投稿: クサマヒサコ | 2011年12月 1日 (木) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/8550643

この記事へのトラックバック一覧です: 京菜の東西:

« 国産リーキでネギのキッシュ | トップページ | ふるーつ物語 »