« 大田市場のサラダまつり | トップページ | リーキ »

2006年3月17日 (金)

ショージさんのソムタム

Papaya04  大田市場の<サラダまつり>で、東一のショージさんがタイ料理の「ソムタム」(青パパイヤのサラダ)を調理実演していました。クロックというタイの臼のようなものに次々に材料を入れながら、コン、コン、コン、コン…と、ひたすら搗きながらつぶしていき、調味料を入れればできあがり。

ショージさんは、味見しながら調味料を適当に入れていましたが、おいしかった。サラダまつりには、ドレッシングの会社なども出ていて、生野菜いろいろを盛った器にかけてもらい、試食するようになっていました。その中で、ショージさんお手製ソムタムは抜群によかったと思う。

Papaya02 ちなみにタイでは、この臼のような調理道具「クロック」は花嫁道具のひとつとか。クロックを上手に使えると「いいお嫁さん」で、クロックを壊してしまうと「お嫁にいけない!」っていわれるんだって。
クロックのコン、コン、コン、コン…という音は、タイの懐かしいごはんの音だそうです。日本なら、みそ汁に入れるねぎかなんかを刻む、トン、トン、トン、トン…という、お母さんのまな板の音みたいなものかもしれません。

Papaya01 <サラダまつり>でもらった資料に出ていた「ソムタム」の作り方です。
◇材料
青パパイヤ、トマト、インゲン、ライム、青とうがらし、ナンプラー、にんにく、サクラエビ、ピーナッツ、椰子砂糖

◇作り方

  1. 青パパイヤは皮をむいてせん切り、トマトは小さめの乱切り、インゲンは適当に切る。にんにくはみじん切りにする。
  2. にんにくととうがらしを、すり鉢に入れ、すりこぎで叩きながらつぶす。
  3. 青パパイヤ、トマト、インゲンを加え、さらにすりこぎで叩きつぶす。
  4. 3に砂糖、ライムの絞り汁、ナンプラーを加えて叩き、最後にサクラエビ、ピーナッツを加えて叩きながら混ぜる。

Papaya03 写真は、野菜を入れる臼のようなものがクロック。太ったきゅうりの親玉のような野菜は、青パパイヤ。ソムタムに使う調味料は、真ん中の赤い蓋の容器に入っている椰子砂糖、右のビンはタイの魚醤ナンプラー。左奥には「ブリック」と呼ばれるタイのとうがらし。

人気blogランキングへ

|

« 大田市場のサラダまつり | トップページ | リーキ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レシピ」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/9128105

この記事へのトラックバック一覧です: ショージさんのソムタム:

« 大田市場のサラダまつり | トップページ | リーキ »