« 大田市場でトマト特集 その2 | トップページ | 鞍掛豆 »

2006年4月27日 (木)

ゆでた野菜と納豆一族

帰りがけに新宿駅西口のヨドバシカメラに寄ったので、都庁近くにあるインドネシア料理店「ジュンバタン メラ」でごはんを食べました。その中の2点、いちばんおいしかった「ガドガド」と、期待の「テンペゴレン」について。

●ガドガドJbm01_gadogado
キャベツなどをゆでて、香辛料のきいたピーナッツソースをかけたサラダ。「ゆでると野菜のかさが減ってたくさん食べられるから、おすすめ」という決まり文句が頭のなかで歌い出し、となると、トーゼン頼まなくちゃ。上にえびせんべいがのっています。これは砕いて混ぜて食べる。ソースが甘辛くて食べやすかった。「ガドガド」はごちゃ混ぜという意味らしい。

●テンペゴレン↓Jbm02_tempegoren
テンペは大豆を煮てテンペ菌で発酵させた、納豆の親戚。前に一度食べたことがあるのですが、味がどうもハッキリしなかった。この際、どういうモノなのかハッキリさせようじゃないの、と思い、とにかくテンペ料理を一品。「黄金色にこんがり揚げた香ばしいテンペ」という解説にひかれて「テンペゴレン」を頼みました。
ところが、やっぱりハッキリしなかった。ほっくりとした感じですが、なんかあいまいな味。納豆の親戚を思わせるような痕跡はちょっと見つかりませんでした。テーブルに常備されている辛いソースをつけると、しっかりしてきた。最近は健康によい食べものとして注目されています。健康食品としていただくといいかもね。

この二つのほか、辛い真っ赤なソースがついているインドネシア風焼き鳥「サテタンブリナス」。ナスをインドネシア風の辛いソースで炒めた「テロントゥミス」、もっともポピュラーなインドネシアの焼きそば「バミゴレン」をいただきました。

人気blogランキングへ

|

« 大田市場でトマト特集 その2 | トップページ | 鞍掛豆 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/9783114

この記事へのトラックバック一覧です: ゆでた野菜と納豆一族:

« 大田市場でトマト特集 その2 | トップページ | 鞍掛豆 »