« ハラペーニョを使う(1) | トップページ | キハチシェフのラタトゥユ »

2006年5月31日 (水)

タイのマンゴー

Mango01 先日、閉店時間直前セールでゲットしたタイのマンゴーです。

最近、フルーツ売場でマンゴーをよく見かけます。昨日は、宮崎のマンゴーとフィリピンやタイからのものが並んでいました。でも、値段が倍以上違う。宮崎のマンゴーは1個1000円以上、タイのマンゴーはそれより大きくて1個500円、フィリピンのマンゴーは小さいサイズですが2個700円。

沖縄や宮崎などでつくっているマンゴーは、赤くて丸い「アップルマンゴー」。メキシコなどから届くものも、同じタイプ。フィリピンやタイからやってくる平たくて黄色いタイプは「ペリカンマンゴー」と呼ばれます。
マンゴーはインドでは4000年も前から食べていたというフルーツで、世界に500種類以上あるとか。その昔、こんな甘い大きな果物はたいへんなごちそうだったことでしょう。

輸入ものマンゴーは、2004年のデータ(数量)をみたら、フィリピンからやってくるものがいちばん多く約59.2%。メキシコが23.6%で2位。タイは3位で7.3%でした。これに台湾、オーストラリア、アメリカと続きます。

タイからマンゴーの輸入が始まったのは、約10年前。2000年のデータで、タイは5位(2.0%)でした。この数年で5位から3位へ順位を上げたのですから、ずいぶん増えたことになります。
ネットの情報によれば、いまタイから日本に届いているマンゴーは、ナンカンワン、ナンドクマイ、ピムセンダン、ラッドの4種類だそうですが、写真の品種は不明。

マンゴーのまん中に平たい大きなタネがあります。このタネの厚みにそってナイフを入れ、三枚おろし?にするのですが、タネの厚みぎりぎりにナイフを入れるのがけっこうむずかしい。
とてもなめらかな舌触り、甘みと酸味のバランスがよく、美味でした。

人気blogランキングへ

|

« ハラペーニョを使う(1) | トップページ | キハチシェフのラタトゥユ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(熱帯果樹)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/10321912

この記事へのトラックバック一覧です: タイのマンゴー:

« ハラペーニョを使う(1) | トップページ | キハチシェフのラタトゥユ »