« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

ズッキーニ

Zucchini01  陽子ファームから届いたズッキーニ。美しい黄色で、大きく、ずっしりと重く、300g超でした。

ズッキーニをみるとラタトゥユをつくっちゃうクサマですが、今回は違うものを作りたい。で、ネットで見つけたレシピ、「ズッキーニとパプリカのマリネ」をやってみました。

続きを読む "ズッキーニ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

パッションフルーツ

Passion01    大田市場でぴっかぴかのパッションフルーツを見かけました。沖縄産です。黄色いパッションフルーツもあった。珍しいね。「大田に黄色いパッションが入ったのは初めて」と仲卸の人。撮影させてもらいました。

続きを読む "パッションフルーツ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

さくらんぼ品評会

Cherry01 大田市場で<山形県さくらんぼ品評会>があると聞いて、お友だちと出かけました。
今年は天候不順で生育が遅れ、出品数は昨年の約半分とか。それでも64点がずらりと並んで、ぴかぴか光っていました。

続きを読む "さくらんぼ品評会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

イーチョーバ 赤坂潭亭の料理 (5)

Tantei14 沖縄で「イーチョーバ」というのは、フェンネルのこと。
『花図鑑・野菜』(草土出版)によると、原産地は、ヨーロッパ、地中海沿岸、西アジア。
「古代ローマでは強精用の食物」、「魚のハーブとして知られているが、この取り合わせはギリシア時代から」といいますから、古くから利用されてきた植物。セリ科です。

写真は、大田市場でみたフェンネル=イーチョーバ。これは愛知産でした。

続きを読む "イーチョーバ 赤坂潭亭の料理 (5)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月26日 (月)

アダン 赤坂潭亭の料理 (4)

Tantei08 「酢のもの」を食べてしまってから献立をみると、「アーサーの時雨酢、焼きアダン、オオタニワタリ、才巻き海老」とあるではありませんか。

えぇーっ、焼きアダン? アダンって、奄美大島で何度も見たあの赤い実がなっていたアダン? あのどこを食べるのかしら。
※写真は奄美大島で撮ったアダンの木

続きを読む "アダン 赤坂潭亭の料理 (4)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

シブイ 赤坂潭亭の料理 (3)

Tantei07 煮物は、ご存じラフテー。シブイと花ズッキーニに隠れていますが、ただの豚ではございません。「やんばる豚」というブランドもの。
やんばる豚は、沖縄古来の品種「アグー豚」と白豚の交配種です。脂身の質がよいとされるだけあって、濃厚すぎず、たいへんけっこうでした。

続きを読む "シブイ 赤坂潭亭の料理 (3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

ヘゴ 赤坂潭亭の料理 (2)

Tantei04 前菜に続いて登場するお椀に「ヘゴ」という沖縄の食材が使われている、と女将の高木さんが見せてくれました。まっすぐな茎の部分を食べるのだそうです。赤坂の夜に、原始の熱帯林がワープして出現したような感じ。

続きを読む "ヘゴ 赤坂潭亭の料理 (2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

マコモ 赤坂潭亭の料理 (1)

Makomo02 先日ランチをごちそうになった赤坂潭亭の、夜ごはんに行きました。
まず出てきたのは、前菜の盛り合わせ。

そのなかに、マコモタケが合鴨を巻いて登場。斜めに切って、写真の右隅に盛られています。料理の説明をしてくれた女将さんによると「マコモは本土では穫れない」とのこと。

続きを読む "マコモ 赤坂潭亭の料理 (1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

夏のたけのこ、緑竹 その2

Ryokutiku01 北千住の八百屋さん、杉本青果店でいただいた、緑竹。資料にはいろんな食べ方が紹介されていますが、その中にあった一品、前からあこがれていた「たけのこのオーブン焼き」をやってみました。
オープン焼きにすると、たけのこの味が濃くなるに違いない。最後に塩をふっていただけば、調味料に惑わされない、たけのこ自体が持つ味がわかると思ったからです。

続きを読む "夏のたけのこ、緑竹 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

夏のたけのこ、緑竹 その1

Ryokutiku00 先週の金曜日、このブログに台湾の緑竹筍のことを書いたら、八百屋塾でお世話になっている杉本晃章さんからコメントをいただきました。杉本さんは北千住にある有名な八百屋さん、杉本青果店のご主人です。

続きを読む "夏のたけのこ、緑竹 その1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

緑竹筍

Pao01 新橋のパオに「台湾緑竹筍冷菜」というメニューがあったので、頼んでみました。ゆでて切っただけの白いたけのこ。しょうゆとわさびでいただくのですが、えぐみやあくが全くなく、甘くて水分たっぷりでおいしい。

続きを読む "緑竹筍"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

らっきょう

Rakkyo01■鹿児島県南さつま農協加世田の「砂丘らっきょう」 写真↑

先週の金曜日、大田市場で開かれた東一の「食育ミニイベント」。テーマは、らっきょう、梅、新ショウガです。らっきょうに興味があったので、行ってみました。

続きを読む "らっきょう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

ドイツのザウエルクラウト

Sauerkraut お取り寄せした、ドイツのザウエルクラウト。フランスではシュークルート。
ドイツの料理といえばソーセージ and ザウエルクラウト with ビールですが、シュークルートはフランス北東部、ドイツと国境を接するアルザス地方の名物。地理的に遠くない、というかライン川を隔てたお隣り。戦争を繰り返してきたのですから、似た食べものがあっても不思議ではありません。

続きを読む "ドイツのザウエルクラウト"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

キウイフルーツの熟成(続き)

Quwifruit10 「熟れごろ」入り袋に1個残ったキウイフルーツを、週末にチェックしようと思っていたのに、すっかり忘れてしまった。
「熟れごろ」の<使い方>には2日間置いておく、と書いてあったが、結局1週間近く経っている。
でも、外からさわってみた感じは、それほど柔らかくなっていない。まだダイジョーブかも。と思ってジッパーをあけると、熟したキウイフルーツの香りがプーンと漂ってきた。

続きを読む "キウイフルーツの熟成(続き)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

2006年6月の陽子ファームから

Yoko_farm 陽子ファームから野菜が届きました。

野菜たちにとってお天気は、どんな風に育つかが決まる、決定的に重要なこと。
5月の東京は、「五月晴れ」という言葉を忘れてしまうくらい、雨や曇りの日が続きました。
日照時間の地域平均を平年と比べると、北海道を除いてほとんどが平年の80%未満。1946年の統計開始以降、東日本太平洋側では2位、東日本日本海側では3位の少ない記録。白河(福島県)、新潟、千葉、四日市(三重県)などで5月の月間日照時間の最小値を更新した、といいます。
6月10日には関東甲信越が梅雨入り。ジメジメした季節が始まっています。

続きを読む "2006年6月の陽子ファームから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

キウイフルーツを熟成する

Quwifruit01 この前の週末、デパートでキウイフルーツの宣伝販売をしていました。プラスチックのかごに、キウイフルーツが6個。プラスチックの専用スプーンと、会社のマークがついたマグネット、ボールペン、そして顆粒状風邪薬が入っているような袋がついています。これ全部で525円。

続きを読む "キウイフルーツを熟成する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

パープルアスパラガス

Aspara_purple↑山形県産のパープルアスパラガス

近頃、パープルアスパラガスを作っているところが増えていると思う。

先日のセールでは山形県産のパープルアスパラガスをゲットし、その何日か後に、パッケージに「レッドアスパラ」と書かれた千葉県産のパープルアスパラガス(ですよね、これ)。
先日の八百屋塾では群馬県産のものが出てきました。前に見つけたパープルアスパラガスの産地、長野県でもきっと生産は続いているでしょうし。

続きを読む "パープルアスパラガス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

野菜たちの10年間

Mizuna 少し前になりますが、2006年5月25日付の日本農業新聞に、「品目多様化さらに 野菜10年の変化-東京市場」という記事が載っていました。

東京市場の取扱数量をまとめている東京青果物情報センターのデータをもとに、日本農業新聞が独自に計算したもの。市場が取り扱った数量と金額について、2003~05年の3年間の年平均値と、1993~95年の3年間の年平均値を比較したのだそうです。

続きを読む "野菜たちの10年間"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

賀茂なす

Kamonasu01 水なすといっしょに、賀茂なすもお取り寄せしました。

続きを読む "賀茂なす"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

水なす

Mizunasu01 「お取り寄せ」した水なすが届きました。水なすは、大阪泉州の伝統野菜。泉州というのは和歌山県に近い、大阪の南部一帯のこと。いま、各地で地域ブランドをつくる動きが盛んですが、これも「なにわ特選品」のひとつです。

続きを読む "水なす"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

ハラペーニョを使う(2)

Jalapeno 八百屋塾でいただき、先日「セビチュもどき」をつくったハラペーニョが、半分残っています。で、パスタをつくることにしました。

続きを読む "ハラペーニョを使う(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

キハチシェフのラタトゥユ

K_ratatouille01 ラタトゥユのレシピにはさまざまな材料の組合せがあって、どんな野菜でもいいらしい。あまりでんぷん質の多いものはどうなのかな?というくらいじゃないかしら。

続きを読む "キハチシェフのラタトゥユ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »