« シシリアンルージュ(3) | トップページ | サパジート (1) »

2006年7月20日 (木)

サニールージュ

Sunnyrouge   果物売り場にブドウが何種類か出始めました。そのなかに「サニールージュ」という名前のブドウが、見かけない色と姿をしていたので、買ってみました。

店頭の表示には「ピオーネとレッドパールの交配種」とあります。粒の大きさはデラウェアと巨峰の中間。サニールージュという通り、やや赤みがかっている。

食べてみると、タネはなく、味は甘みが勝っていて酸味はほとんどない。そのせいか、なんだかしまりがないような感じがないでもない。そして、独特の香り。品種登録情報には「フォクシー」な香りが特徴と書いてありました。

「フォクシー」って、ときどきワインの話に出てきます。そのまま訳すと「キツネの臭い」なので、キツネってこんな臭いがするのかなぁと気になっていたのですが、キツネが好きな匂いという説、フォックスさんという名前の人が関係しているという説など、いずれにしてもキツネの臭いではないらしい。
「フォクシー」は若い女性には、ブランドの名前なのかな。ワタシに最初に浮かぶのはミック・ジャガー「フォクシー・レイディ」。

さて、このサニールージュ。「21世紀のデラウェア」として期待されているらしい。確かにデラウェアに似た食べやすさはあります。でも、キミがデラウェアになるには、価格面での要素もあるんじゃないか。

品種登録情報によると

この品種は,昭和52年に農林水産省果樹試験場安芸津支場(現カキ・ブドウ支場(広島県豊田郡安芸津町))において,「ピオーネ」に「レッドパール」を交配し,63年に一次選抜,平成4年から系統適応性検定試験を実施して特性の調査を行い,9年にその特性が安定していることを確認して育成を完了したものである。なお,出願時の名称は「ブドウ安芸津18号」であった。

こういう情報って、昭和とか平成とかいうからよくつかめない。昭和52年ということは1977年。今から30年も前に交配し、平成9年つまり1997年、ということは交配から20年後に育成完了。それから農家での栽培が始まるわけですから、わたくしの手元に来るまでにはとても長い間かかっているわけです。

宮崎県産・300g・630円

人気blogランキングへ

|

« シシリアンルージュ(3) | トップページ | サパジート (1) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(柿・ぶどう・その他)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/11017822

この記事へのトラックバック一覧です: サニールージュ:

« シシリアンルージュ(3) | トップページ | サパジート (1) »