« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

ぼたんこしょう

Botan_kosho1 昔わたくしが世話役をしていた野菜の勉強会のお仲間、和田仁美さんが「夏休みに出合った」と送ってくださった野菜たち。そのなかに「ぼたんこしょう」というピーマンのような野菜が入っていました。これ、長岡の「かぐらなんばん」に似てる。

続きを読む "ぼたんこしょう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

花ズッキーニ

Hana_xcn3  昔、野菜と果物を勉強した教室のお仲間の一人、ヴィドフランスの和田仁美さんが、「夏休みに新潟→山形→新潟→長野と旅した」と、旅先で出合った野菜たちを送ってくださいました。
その一つが花ズッキーニ。道の駅のような直売所なのでしょう。袋には、作った人の名前とメモが貼ってありました。
中野市産、作った人は滝沢栄子さん。

続きを読む "花ズッキーニ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

八百屋塾⑤ ズッキーニ

Zucchini2 八百屋塾には、かぼちゃの仲間のペポ種、ズッキーニなども登場しました。そのズッキーニで、荒井慶子先生が試食用に調理してくださったラタトゥユ。ていねいなつくりかただけあって、大好評でした。

緑色のズッキーニは、長野県JAさくあさま佐久産。「ラベン」という、アメリカのノバルティス・シード社の品種で、「ラベン」は長野県で多く作られているのだそうです。
黄色いほうは、北海道JA美唄市産で、品種はオーラムまたはイエロートスカ。ラタトゥユにすると、「黄色い方が煮くずれやすい」と荒井先生。

続きを読む "八百屋塾⑤ ズッキーニ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

八百屋塾④ かぼちゃの2

Pumpkinkogiku2   かぼちゃには、東洋種と西洋種とペポ種があります。東洋種と西洋種の違いの一つは表面。デコボコしていたり、菊の花のような溝があるのは東洋種。つるんとしているのが西洋種。もう一つの違いはヘタの断面で、五角形をしているのが東洋種↑で、円形は西洋種↓です。

続きを読む "八百屋塾④ かぼちゃの2"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年8月27日 (日)

八百屋塾③ かぼちゃの1

Pumpkinet2八百屋塾8月のテーマ野菜のかぼちゃ。西洋種、東洋種、ペポ種、それぞれ何点か登場しました。西洋種はイーティ、みやこ、赤皮、ぼっちやんの3種4点。東洋種は小菊、鹿ヶ谷、品種不明の3種。ペポはズッキーニがいろいろ。今月はかぼちゃのほかに冬瓜も出ていましたし、夏はやはりうりの季節です。

食べくらべは、西洋種がイーティ、みやこ、赤皮の3点、東洋種が小菊、計4点でした。

続きを読む "八百屋塾③ かぼちゃの1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

八百屋塾② 茶豆

八百屋塾8月のテーマ野菜の一つは茶豆です。ちょうど今は白毛の枝豆から茶毛の茶豆へ移行する時期。5種類の茶豆登場し、そのうちの3種類、群馬県の「天狗」、山形県の「だだ茶」と新潟県の「白根茶豆」を試食しました。

続きを読む "八百屋塾② 茶豆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

八百屋塾① 冬瓜

Togan_aiti1 8月の八百屋塾は、カボチャ、ズッキーニ、冬瓜、茶豆がテーマでした。
なかでも「試食して、一番印象に残った」と、みんなの意見が一致したのが冬瓜。

続きを読む "八百屋塾① 冬瓜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

はぐらうり

Hagura1 陽子ファームから届いた野菜のなかに「青はぐらうり」が入っていました。

はぐらうりについて、芦沢正和先生監修の『地方野菜大全』(農文協)に詳しく出ていました。これは、千葉県の地方野菜なのです。

続きを読む "はぐらうり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

丸ズッキーニ、再チャレンジ

Zucchini_ratatouille 先月、陽子ファームから届いた丸ズッキーニ。くりぬいてチーズ焼きにしたのですが、おいしそうな匂いがしているのにちょっとゴリゴリ感が残りました。要するに加熱が足りなかったのね。
もう一度チャレンジしたいと思っていたら、今月も特別に入れてくださって…。ヨウコさん、ありがとう!

続きを読む "丸ズッキーニ、再チャレンジ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

小松菜とじゃこのパスタ

Pasta 陽子ファームから届いた小松菜を使ったスパゲティ。私の定番スパです。小松菜とじゃこをたっぷり入れます。

これはもともと、八百屋塾で小松菜がテーマのときに、荒井慶子先生がおつくりになる試食用の炒めものです。それにスパゲティを入れてみたら内輪ではけっこう好評なので、材料はいつもあるものだし、簡単だし、よくつくるようになりました。

続きを読む "小松菜とじゃこのパスタ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

ゴーヤーのおひたし

Goya3 暑い日が続きます。こんなときは、やはり暑い国の野菜が食べたくなるのでしょうか。夕ご飯を食べるお店のメニューにゴーヤーのおひたしがあると、必ず頼んでしまいます。

続きを読む "ゴーヤーのおひたし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

ルッコラ炒め

Rucola2 「アグリフードEXPO 2006」は「農と食をつなぐ」というキャッチフレーズの催し。野菜だけでなく、畜産や卵、加工品なども展示されていました。

同時開催のセミナーもあり、私たちが会場に入ったのはセミナーの時間にあわせて午後だったのですが、朝から行けばよかった。展示がいろいろあるし、ブースを出している人と話をすることができるのが面白い。

続きを読む "ルッコラ炒め"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

ばんかん

Bankan01 東京ビックサイトで催された「第1回アグリフードエキスポ2006」に行きました。「全国のプロ農業者が育んだ魅力のある農畜産物、地元産品を紹介。国産にこだわる初の全国的な展示商談会」です。撮影禁止でしたので、写真は撮れませんでしたが、野菜と果物をいくつかいただきました。
その一つが「ばんかん」という柑橘。

続きを読む "ばんかん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

2006年8月の陽子ファームから

Yoko_farm0608_2 異常気象が通常気象になってしまったようなこのごろ。記録によると7月の東日本は、気温が平年よりもやや高いところが多く、降水量と日照時間は平年並みだったそうですが、実感的には、雨が多く、晴れた日が少なかったような気がします。

陽子ファームから、元気な夏野菜が届きました。

続きを読む "2006年8月の陽子ファームから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

7種野菜のウーロン茶漬け

Shiganetei_41 お茶漬けというと、[ごはん+鮭とか海苔とか+お茶またはだし汁]ですが、この「7種野菜のウーロン茶漬け」は野菜などを細かく切ってごはんに見立て、熱いウーロン茶をかけていただく、という面白いお料理です。

続きを読む "7種野菜のウーロン茶漬け"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

マイクロトマト

Shiganetei_31 白金にあるチャイニーズレストラン「白金亭」のコース、3番目に出てきたのは、「伊勢海老のかんざし仕立てキャビアとともに」でした。

アスパラにさしてキャビアを飾り、かんざしに見立てた伊勢エビの白と赤と黒。ニラ(かな?)で格子のかたちを描いたお皿の白と緑。鮮やかできれいな彩りのお料理ですが、なかでも目を引いたのは、かわいいトマト。「マイクロトマト」というのだそうです。

続きを読む "マイクロトマト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

パパイヤのスープ

Shiganetei_1 白金にある「白金亭」という中華料理店に行きました。以前に同じ名前のフレンチレストランがあったのですが、経営が同じらしい。
チャイニーズレストランの「白金亭」をプロデュースしたのは、元ハイアットリージェンシー香港の総料理長、周中さん。かつて、テレビ番組「料理の鉄人」の香港大会で、道場さんと対戦した人です。

続きを読む "パパイヤのスープ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

緑竹

Ryokuchiku 緑竹は、台湾原産のたけのこ。鹿児島県日置町では水田の転作作物としてつくっています。わたくしも知り合いの八百屋さんからいただいて試食しましたが、レストランなどでは「夏のたけのこ」と珍しがられ、好評とか。
緑竹を上手に使っているお店に行きました。大門駅のすぐそばにある「草庵みみずく」という和風居酒屋です。

続きを読む "緑竹"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

ゴーヤーの苦みの抜きかた

Goya_salada わたくしが以前に世話役をしていた、野菜と果物を勉強する会の仲間の集まり。持ち寄り随意(というのはヘンかな。要するに何か持っていくモノがある人は持っていくし、そうでない人は何も持参しない)パーティです。
農業の小竹さんは「黒美人」を、わたくしは何もないのでお酒、ヴィ・ド・フランスにおつとめの長谷川敏彦さんは、サラダをつくってくれました。
その一つが「ゴーヤーサラダ」。レシピといっしょに長谷川さんに教わった苦みの抜きかた、初めてです。

続きを読む "ゴーヤーの苦みの抜きかた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

黒美人

Kurobijin1 わたくしは以前、野菜と果物を勉強する教室の世話役をしていたことがあります。そのときの仲間が集まる会に誘われました。あれから5年くらい経つのでしょうか。懐かしい顔が揃いました。

そのうちの一人小竹善和さんは、茨城県で奥さんの農家を継いだかた。お料理の後に登場した「黒美人」という西瓜は、小竹さんの作品です。

続きを読む "黒美人"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 4日 (金)

レッドカラント

Red_currant1 ブラックカラントが「黒スグリ」なら、レッドカラントは「赤スグリ」。ルビーのような透き通った真っ赤な実です。こんなに美しくてもやはり酸塊は酸っぱい。

続きを読む "レッドカラント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

ブラックカラント

Black_currant1 ブラックカラントは、フランス語でカシスである。つまりクレーム・ド・カシスは、ブラックカラントのリキュールなのだ。なんだかおいしそうだ。
と思ったけれど、実は日本名クロスグリ、漢字で書くと「黒酸塊」、キミも酸っぱい塊なのね。

続きを読む "ブラックカラント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

グーズベリー

Gooseberry1 グーズベリーは、日本名スグリ。「酸塊」と書きます。すなわち酸っぱい塊。この名前、よくわかる。そのまま食べてみると、酸っぱいんだ、ほんとに。

続きを読む "グーズベリー"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

ブラックベリー

Blackberry1 大田市場に行くと、仲卸の店先をウロウロするのも楽しみの一つ。珍しい野菜や果物が無造作に並んでいます。
輸入フルーツを扱っている仲卸の店先に、ベリー類があったので、4種類ゲットしました。オレゴンのベリーファームというところからやってきた子たちです。
まずは、ブラックベリー。
生のままで食べてみたらおいしかった。濃い味と香り。タネがプチプチ。よく熟していました。

続きを読む "ブラックベリー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »