« レッドカラント | トップページ | ゴーヤーの苦みの抜きかた »

2006年8月 7日 (月)

黒美人

Kurobijin1 わたくしは以前、野菜と果物を勉強する教室の世話役をしていたことがあります。そのときの仲間が集まる会に誘われました。あれから5年くらい経つのでしょうか。懐かしい顔が揃いました。

そのうちの一人小竹善和さんは、茨城県で奥さんの農家を継いだかた。お料理の後に登場した「黒美人」という西瓜は、小竹さんの作品です。

Kurobijin2 「黒美人」という名前の通り皮が黒く、ラグビーボールのような形。「2.5㎏くらい」と小竹さん。目をひく色と形です。切ったときの赤とのコントラストが鮮やか。キッチンから運ばれてくると、「わぁっ」と歓声が上がりました。

小竹さんは、「黒美人」をことし初めて栽培したとのこと。「まだ彼女(黒美人)の性格をつかみきれてない」そうですが、「天候不順でもそれなりにできたと思う」という自信作だけあって、甘くみずみずしく、おいしかった。

小竹さんの黒美人は、露地のトンネル栽培で、ミツバチ交配による自然な受粉が特徴。出荷時期は6月下旬から7月下旬までといいますから、次にお目にかかれるのは来年です。でも、農協に出荷しているので、どこで売っているかわからない、とのことでした。

人気blogランキングへ

|

« レッドカラント | トップページ | ゴーヤーの苦みの抜きかた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜(くだもの的)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/11313204

この記事へのトラックバック一覧です: 黒美人:

» 野菜の病気 ベト病  ( メロン ) [炎と水の物語 2006 Apprehensio ad Ignis et Aquarius.]
梅雨時にはびこるメロンのベト病について、世界の気候区分から考えてみます。 [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 12時05分

« レッドカラント | トップページ | ゴーヤーの苦みの抜きかた »