« 2006年9月の陽子ファームから | トップページ | 八百屋塾② ジャンボなめこ »

2006年9月12日 (火)

八百屋塾① しいたけ

Siitake1 9月の八百屋塾はきのこがテーマ。いろんなきのこが登場しました。そのなかで、きのこの大御所というか定番、しいたけクンが話題になりました。

しいたけの栽培には、原木栽培と菌床栽培があります。その区別、今までは干ししいたけだったのですが、10月1日から、生しいたけも「原木」と「菌床」の区別を表示しなければなりません。6月30日に施行したJAS法の品質表示基準で義務づけられ、3ヶ月の経過措置が過ぎる10月1日に完全義務化ということになったのです。

Siitake2 スーパーマーケットは、混入するとイケナイから、産地に対してパッケージにシールを貼ってよ、と言うけれど、産地のほうは、1個ずつのパッケージに貼らなくちゃならないってとこまで法律では決まってないから、「対応に戸惑いが生じている」のだそうです。

八百屋塾に届いた原木栽培のしいたけには、パッケージに原木シールが貼ってありましたが、菌床のほうには菌床シールはありませんでした。

しいたけを原木で栽培するって、すごく重労働らしい。木は重いし、水に浸したりしなければならないし。でも、味も香りも違うの。食べ比べでは、原木のほうがだんぜん人気でした。

Siitake3 ちなみに、原木栽培とは「クヌギ、コナラ等の原木に種菌を植え付ける方法をいう」。菌床栽培とは、「おが屑にふすま、ぬか類、水等を混合してブロック状、円筒状等に固めた培地に種菌を植え付ける方法をいう」とされています。

写真は上から、原木栽培のしいたけ、菌床栽培のしいたけ、原木と菌床のいしづきの比較。
人気blogランキングへ

|

« 2006年9月の陽子ファームから | トップページ | 八百屋塾② ジャンボなめこ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

野菜(きのこ)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

たどり着きましたよ! Googleからカタカナで検索しました所一発で・・どうしてカタカナで調べなかったのかなと思うくらい。
段々頭が固くなって、機転が利かなくなって来ているのかも知れませんね。(涙)
休市で時間が取れましたので、ゆっくり拝見させて頂きます。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: 八百屋塾 安蒜 | 2006年9月13日 (水) 09時47分

■安蒜さん
こんにちは。
いつもお世話になっています。
わたくしのブログへいらしていただき、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: クサマヒサコ | 2006年9月13日 (水) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/11868918

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾① しいたけ:

» しいたけ料理 ペペロンチーノ [暮し&生活を見直す!健康元気の素探求レポート]
「暮し&生活を見直す!健康元気の素探求レポート」のココアです。今日は、しいたけを使ったスパゲティー料理をご紹介します(´ー`)あっさり味のペペロンチーノです! [続きを読む]

受信: 2007年4月12日 (木) 10時54分

« 2006年9月の陽子ファームから | トップページ | 八百屋塾② ジャンボなめこ »