« 小竹さんのアールスメロン | トップページ | 十世紀梨(続き) »

2006年9月27日 (水)

二十世紀梨

20seiki04 二十世紀梨の産地、鳥取県の中央農業協同組合が「美味しい二十世紀梨(完熟梨)を試食する会」という催しを開くというお知らせが届いたので、行ってみました。鳥取大学農学部教授の田辺賢二先生が「完熟二十世紀梨こそニホンナシ元祖の味」というお話をしてくださいました。

■田辺先生のお話

そもそも梨の祖先は12000~8000年前に、中国西南部で生まれました。発祥の地から西に向かったのが西洋梨になり、東に向かった梨は、中国梨と日本梨になったのです。

日本の梨には、果皮が緑色から黄緑色の青梨と、果皮が褐色の赤梨があります。
青梨は 二十世紀梨、菊水、八雲など、赤梨は豊水、新高、新興 、長十郎、晩三吉、新水、幸水など。
青梨と赤梨が違うのは、色だけじゃないですね。さわった感じもずいぶん違う。なぜ違うかというと、果皮が違うからである。ま、あたりまえである。

青梨は、クチクラ層に覆われています。クチクラ層というのは、表面からの水分蒸発を押さえる働きがあるのだそうです。そこで、夏に雨の少ない地域に適している。中国の華北地方や、砂丘のある鳥取。

これに対して赤梨の果皮はコルク層で覆われている。コルク層は、6月中旬以降、クチクラ層が落ちた後に作られる層で、雨が多くても空気は出入りしやすい。つまり、梅雨なんかがあるニッポンには最適というわけであります。

なるほど、果皮がクチクラ層かコルク層かということなのね。青梨の果皮は、乾いた気候のなかで水分を果実の中にしっかりと保つし、赤梨の果皮はジメジメした気候のなかでも空気をよく通して実を腐らせたりしない、ということ。梨ってエライなぁ。

人気blogランキングへ

|

« 小竹さんのアールスメロン | トップページ | 十世紀梨(続き) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(梨・りんごなど)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/12062171

この記事へのトラックバック一覧です: 二十世紀梨:

« 小竹さんのアールスメロン | トップページ | 十世紀梨(続き) »