« 調理用りんご ブラムリー(3) | トップページ | 二十世紀梨 »

2006年9月26日 (火)

小竹さんのアールスメロン

K_melon1 以前にわたくしが世話役をしていた野菜の教室の生徒さんだった小竹さんは、茨城県で農業をしているかた。まだ秋と残暑が行きつ戻りつしていたころ、アールスメロンを送ってくださいました。夏に「黒美人」というすいかをごちそうになりましたが、メロンも美人でした。
写真では光って見えませんが、メロンに貼ってあるのは小竹さんの名入りシール。

K_melon2 小竹さんによると、メロン栽培の仕事は父上がメイン。気をつけていることは収穫時期で、受粉後50日を目安に試し切りをし、糖度15度になった時点で収穫するのですが、「特にウチが特別というわけではないと思います」。受粉はミツバチ交配で、農薬は極力抑えており、「今年は、天候不順のため、病害が多く苦労しました」とのこと。

メロンは、お尻が少し柔らかくなってきたら食べごろといいますが、わたくしは熟しすぎない方が好きなので、もう少し待てば果汁があふれそうになるのねと思いつつ、食べごろよりもちょっと早めにいただいちゃった。おいしかった。
ことしの小竹印アールスメロンは10月初旬まで、だそうですから、もうそろそろ終わりです。

すいかが大きくて重いからか、昔ほど歓迎されなくなって、茨城県でも他の作物をつくるようになった農家が多いという話を聞いたことがあります。その一つがメロン。おかげで以前よりもずっと手が届くフルーツ…、じゃなかった果実的野菜になりました。

人気blogランキングへ

|

« 調理用りんご ブラムリー(3) | トップページ | 二十世紀梨 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜(くだもの的)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/12049301

この記事へのトラックバック一覧です: 小竹さんのアールスメロン:

« 調理用りんご ブラムリー(3) | トップページ | 二十世紀梨 »