« トマトたちの名は凜々子(りりこ) | トップページ | 長岡野菜 »

2006年9月 7日 (木)

ドライトマト再チャレンジ

Dried_tmamto000 カゴメのトマトジュース工場見学、最後のイベントはジュース用に開発された「凜々子」というトマトの収穫体験でした。私も配られた袋いっぱいになるまで、畑をウロウロ。たくさん獲って、ドライトマトに再チャレンジしよう。残ったら冷凍という手もあるし、という魂胆で張り切っちゃった。

さあ土曜日だ、ドライトマトを作るぞ。と思ったのに、空はどんより曇ってる。これじゃ、オーブンですね。
前回は120℃で120分を2回続けたら焦げてしまったので、今回は100℃で90分。90分たったら一度オーブンから出して冷ましてから、もう一度100℃で90分。というやり方にしてみた。
最初の写真↑は、オーブンに入れる前の状態。

次の写真↓は2回目の加熱が終わったところ。Dried_tmamto180
1回目が終わったところも撮ったのですが、見た目は2回目とあまり差がなかった。
よかった。焦げてないし。でも、まだ水分をたっぷり含んでいます。

翌日から出窓のところに置いて、陽にあてた。ほんとうは風通しがよいところに置いておくのがいいらしいけれど、暑くて冷房を入れていたので、窓を開けられない。ときどき窓を開けて外気にさらしました。

3枚目の写真はそんな風に裏も表も干して1週間たったところ。↓Dried_tomato7days
ドライトマトにしては鮮やかな赤です。この色はまだってことかしら。でも、塩をふいてかためのシナシナになっている。で、完成!ということにしました。
できあがったドライトマトは、いま冷凍庫に入っています。

人気blogランキングへ

|

« トマトたちの名は凜々子(りりこ) | トップページ | 長岡野菜 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レシピ」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/11792686

この記事へのトラックバック一覧です: ドライトマト再チャレンジ:

« トマトたちの名は凜々子(りりこ) | トップページ | 長岡野菜 »