« 八百屋塾(3) 缶詰じゃがいも | トップページ | 太秋 »

2006年10月26日 (木)

八百屋塾(4) 夫婦房の巨峰

Grape1  八百屋塾には、生産者の方が特別参加されることがあります。塾は朝早く始まりますし、東京に住む身から考えるとずいぶん遠くからお出かけになるので、たいへんだろうなぁと思うのですが、現場のお話はやはり面白い。今回は、長野から巨峰とりんご、にんにくをもってお見えになりました。

Grape2 この巨峰、箱にマジックインキで「夫婦房」と書いてありました。「めおとぶさ」と読むのでしょう。
一つの枝から二つ下がっています。前に、同じ方がやはりこういう形の巨峰を見せてくださったことがありますが、そのときは確か「親子」で説明してらしたと思う。こういう形に作ると子のほうはタネができない、というお話だった記憶があります。とても不思議で、どういうことなのうかがいたかったけれど、質問するほどの知識もなく、へーぇと思っていました。

こういう姿のぶどうを「夫婦房」というネーミングで出すことになったんですね、きっと。「二つに分けやすい」のが特徴。確かに。
わたくしは、巨峰のような大きなぶどう一房を一人で一度に食べることは、まずありません。でも、一粒一粒がしっかりと実を寄せ合ってついていますから、分けにくい。実の間にキッチンばさみを差し込んで切るときに、実を傷つけてしまうことがあります。
「夫婦房」は面白い姿をしていますし、憶えやすいネーミング。分けやすいというのは、なかなかよいのかもしれないと思いました。
この夫婦房は、オットもツマも種なし。もしかしたらジベルリン処理をしてあるのかもしれません。それにしては濃厚でけっこうなお味でございました。

人気blogランキングへ

|

« 八百屋塾(3) 缶詰じゃがいも | トップページ | 太秋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

果物(柿・ぶどう・その他)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/12432671

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾(4) 夫婦房の巨峰:

« 八百屋塾(3) 缶詰じゃがいも | トップページ | 太秋 »