« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月30日 (月)

秋陽

Syuyo1 ことしデビューした山形の「秋陽」というりんごがあると聞いて、買い物のついでに買ってきてもらいました。あとで値段を聞いてびっくり。1個1,000円!「えーっ!で、何個買ったの?」と思わず詰問調になってしまった。もちろん1個。やれやれ。Syuyo6

続きを読む "秋陽"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

太秋

Taishu 「おいしくて、気に入っている」と、八百屋塾の塾生、藤岡輝好さんにいただきました。横浜で青果卸をしている、以前からの野菜勉強仲間です。
あ、太秋だ!これ、去年も食べたぞ。

続きを読む "太秋"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

八百屋塾(4) 夫婦房の巨峰

Grape1  八百屋塾には、生産者の方が特別参加されることがあります。塾は朝早く始まりますし、東京に住む身から考えるとずいぶん遠くからお出かけになるので、たいへんだろうなぁと思うのですが、現場のお話はやはり面白い。今回は、長野から巨峰とりんご、にんにくをもってお見えになりました。

続きを読む "八百屋塾(4) 夫婦房の巨峰"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

八百屋塾(3) 缶詰じゃがいも

Potato_canned1 八百屋塾でさまざまな世話係をしてくださるのは、青果商組合青年部の方たち。つまりふだんは八百屋さんです。
そのなかのお一人が、「こんなもの見つけた」と見せてくれたのはじゃがいもの缶詰。「わぁーっ!珍しい!!」と歓声が上がり、私は写真を撮りました。

続きを読む "八百屋塾(3) 缶詰じゃがいも"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

八百屋塾(2) さといも

毎年、秋になるとテーマ野菜になるさといも。今回も「蓮葉(はすば)」、「土垂(どだれ」)、「女早生(おんなわせ)」、「大野在来 上庄里芋」、「セレベス」、「海老芋」、「京芋」などおなじみのおいもたち。そのなかで「やはたいも」はわたくしにはお初でした。

◇蓮葉↓Sato_hasuba
◇土垂↓ Sato_dodare
◇やはたいも↓Sato_yahata

続きを読む "八百屋塾(2) さといも"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

八百屋塾(1) じゃがいも

10月の八百屋塾は、例年より早くお芋特集。じゃがいもと里芋でした。それにりんご。じゃがいもはすべて北海道産です。
今回の試食は、品種の特徴や違いを知る食べくらべと、簡単でおいしい食べ方の提案ができるレシピの紹介がありました。

続きを読む "八百屋塾(1) じゃがいも"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

ハロウィーンのかぼちゃ

Ishiyama1  八百屋塾でいっしょに勉強している石山さんのお店です。清瀬にあります。すぐそばが所沢で、月一回野菜を届けてもらっている陽子ファームに近いので、両方を見に行こう、とお友だちと出かけました。

続きを読む "ハロウィーンのかぼちゃ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

ブルーベリー総括

Blue_berrys 陽子ファームでブルーベリーソースのビンづめをおみやげにいただきました。
ヨウコさんのところではブルーベリーをたくさん育てていて、6月から8月までブルーベリー狩りが楽しめます。このソースは、その副産物。甘すぎず自然な味で、とてもおいしいのです。
ブルーベリーのシーズンが終わり、ことし出合ったブルーベリーのいろいろをまとめてみました。

続きを読む "ブルーベリー総括"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

花オクラ

Hanaokura2    10月初めに、陽子ファームへ行きました。畑では、最後の花オクラが咲いていました。あまりきれいなので、食用に栽培しているとは思えないほどです。

続きを読む "花オクラ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

2006年10月の陽子ファームから

Yoko_farm_2 陽子ファームから野菜が届きました。

先日ファームにお邪魔したときのことや、そのときヨウコさんからいただいたものについて書きたいのですが、今日は今月の野菜。
いま畑は端境期なのですね。それでも、美しい野菜や珍しい野菜もあって、うれしい。

続きを読む "2006年10月の陽子ファームから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

茶樹茸

Chaju2 「茶樹茸」と書いて「ちゃじゅきのこ」。先日、野菜売り場でちょっと目立っていたので買ってみました。

茶樹きのこは、お茶の木に生え、天然物は「幻」といわれる中国福建省産のキノコ、なのだそうです。
ネットで調べてみると、ショッピングサイトやブログなど、思いがけずたくさんヒットしてきました。この人気のモトは「ダイエットとの関連」「テレビ番組」「道場六三郎」でしょう。

続きを読む "茶樹茸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

韓国の松茸

ソウルだ! 秋だ! 松茸だ!Seoul206
ところが、松茸を食べさせてくれるお店は、ネットではわかりません。そこで、現地交流を特技とする同行のシェフがツアコンとなり、漢方薬市場のそばで松茸をゲット。

この松茸10万ウォン。ということは13,000円くらいです。お店にあった松茸の価格帯の真んなか辺かしら。8万ウォンというのと、12万ウォンというのがありましたが、これがいちばん良い、と一同合意したのでした。

続きを読む "韓国の松茸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

韓国のきゅうり

Seoul101 ソウルへ短い旅をしました。私が最後に行ったのは韓流ブームが起きる前ですから、4~5年は経っています。その間にテレビなどで紹介されているのを見て、変化は予想していたのですが、ずいぶん変わったようです。

街には高いビルが建って、屋台が少なくなっています。とはいえ、道ばたで野菜を売っているところがあれば、シャッターを押しました。

続きを読む "韓国のきゅうり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

天然きのこのスープ

Momonger01 何でも教えてくれるシェフの店で出てきた、スープです。入っているのは、山形県真室川産の天然きのこたち。初めてお目にかかる子もいました。

続きを読む "天然きのこのスープ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

カメレオンの野菜料理

先日、カメレオンというイタリアンレストランに行きました。お料理が11品、それにドルチェとカフェがつくのですが、和の野菜を使うお皿がなかなかユニークで美味でした。

続きを読む "カメレオンの野菜料理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

トマトソース

荒井慶子先生に教わる、深沢二朗先生の伝統的な西洋料理。トマトソースもさすがです、バタを使います。
トマトソースというとイタリアンですから、いまはオリーブオイルがふつうでしょう。

うちにあるレシピブック『わかりやすいイタリア料理』(柴田書店)をみたら、「サルサ・デ・ポモドーロ(基本のトマトソース)」のところに何人かのシェフのレシピが出ていました。「カピトリーノ」の吉川敏明さんはサラダオイル、「ヂーノ」の佐竹弘さん(いまは「カ・アンジェリ」のシェフ)はガーリックオイル(サラダオイルにニンニクを入れて加熱し香りを移したもの)、「ラ・コメータ」の鮎田淳治さんはオリーブオイル、「アヴェンティーノ」の栗原重雄さん(このお店もシェフの名前もいまのネット情報には、もう出ていない)はサラダオイルでした。

続きを読む "トマトソース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

にんじんのグラッセ

Carot0 深沢二朗先生の西洋料理を学ぶ会、次はご存じ、にんじんのグラッセです。
グラッセは、「煮汁を煮つめるなどして、材料に照りやつやをつけること」で、ほかに「凍らせる」「糖衣をかける」という意味もある、とネット情報。

続きを読む "にんじんのグラッセ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

カブのエチュベ

Kabu3_2     女子栄養大学の伝説的な先生の一人、深沢二朗先生の伝統的な西洋料理を、荒井慶子先生にお願いして教えていただきました。
「生徒さんはよく、わたくしの料理を、バタバタバタバタしてる、とおっしゃっるのよ」と荒井先生。で、バタの量は、深沢オリジナルよりも減らしておられるようです。

続きを読む "カブのエチュベ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »