« 日本かぼちゃ 鶴首 | トップページ | ジャンボかぼちゃコンテスト »

2006年11月 6日 (月)

ぶなのしずく

Nametake このなめこ、「ぶなのしずく」という名前があり、杉の木箱に入ってうやうやしく届くのだそうです。何でも教えてもらうシェフのお店で出てきました。

「ぶなのしずく」といっしょに入っていた、解説の紙をコピーしてもらいました。

ぶなのしずくは、古来よりブナの木と共に生育してきたナメコです。
自然そのままに原木栽培した山形県真室川産の中から、色、形、大きさ、味、歯ごたえ、全てにおいて選び抜かれた特級品のナメです。(百キロから一~二キロしか選別できない)
成形、洗浄を行っていますのでそのまま汁物等でお召し上がり下さいませ。尚、生物ですので冷蔵庫などに保管し二日以内にお召し上がり下さい。(食べきれない場合は冷凍保存出来ます)

最上広域森林組合

100㎏のうちの1~2㎏、つまり1、2パーセントしかない。これ、ちょっとスゴイ。
大きくて、姿がよくて、口に入れるとつるんとした食感、柔らかく弾力がありながら噛んだときのシャキッとした歯ごたえ、香り、うま味…。確かになかなかスバラシかった。
かかっているのは、紅玉でつくったやさしい味のアップルソースです。

ところで「ぶなのしずく」って、広島のお酒の名前なんですね。ネットは日本酒の情報ばかりでした。

人気blogランキングへ

|

« 日本かぼちゃ 鶴首 | トップページ | ジャンボかぼちゃコンテスト »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

野菜(きのこ)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/12573941

この記事へのトラックバック一覧です: ぶなのしずく:

« 日本かぼちゃ 鶴首 | トップページ | ジャンボかぼちゃコンテスト »