« 柑橘類いろいろ (2) | トップページ | トンガリボウシというキャベツ »

2006年12月14日 (木)

2006年12月の陽子ファームから

Yoko_farm1 陽子ファームから野菜が届く日。わたしはどうしても出かけなればならず、留守を頼んで、写真を撮ってもらいました。帰宅してみると、葉っぱがたくさん。見たことがないものも入っています。

このところ野菜たちにとっては、できすぎて困るという気象だったらしい。白菜や大根が豊作で廃棄されています。お友だちとも話しますが、ぜったいに何か間違っていると思う。お役人たちはそう思っていないのかしら。農家の方たちはどうなんだろう。こういうやり方は変えなくちゃイケナイ。

陽子ファームからの野菜もいつもよりたくさん入っていました。

  • 赤軸ほうれんそう
  • 雲仙こぶ高菜
  • 白菜
  • ブロッコリー
  • 赤蕪
  • 島にんじん
  • 聖護院大根
  • 下仁田ねぎ

Yoko_kobutakana1 「雲仙こぶ高菜」という葉っぱ、初めてお目にかかりました。漬物用の野菜だそうです。が、わたしは、赤軸ほうれんそうや白菜といっしょに「葉っぱいっぱい鍋」にしました。雲仙こぶ高菜って、茎のところにこぶのようなものがついているので、この名があるらしい。とてもしっかりした茎なのですが、加熱するとすぐに柔らかくなりました。

人気blogランキングへ

|

« 柑橘類いろいろ (2) | トップページ | トンガリボウシというキャベツ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

陽子ファーム」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/13063873

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年12月の陽子ファームから:

« 柑橘類いろいろ (2) | トップページ | トンガリボウシというキャベツ »