« 有機野菜の蒸しもの | トップページ | 柑橘類いろいろ (2) »

2006年12月 7日 (木)

柑橘類いろいろ

大田市場での食育ミニイベント「みかん」を見に行きました。佐賀、愛媛、熊本、長崎、和歌山、福岡、静岡、広島、などの産地から試食用のみかんが出ていたほか、佐賀県のみかんコンクールの結果発表、(独)農業・食品産業技術総合研究機構から、みかんの仲間の珍しい柑橘の展示もあって、試食用以外は食べられないのが残念だけど、なかなか面白いのです。

◇試食に出ていた、愛媛県宇和産の早生↓Kanuwajima

◇愛媛県えひめ中央のデコポン↓Kandeko

◇愛媛県しまなみ共選の早生↓Kansima

展示されていた珍しい柑橘類の写真を撮りました。

◇タヒチライム↓Kantahiti
ウェブに出ていた情報によると、ライムの原産地はインド北東部からビルマ、ヒマラヤにかけて。タヒチライムとメキシカンライムがあり、ふつう「ライム」というとメキシカンライムを指すのだそうだ。
---メキシコからのメキシカンライムは小果種で40g。アメリカから輸入するタヒチライムは大果種で約100gある(料理食材大辞典 主婦の友社)---という記載も見つけたけれど、展示されていたタヒチライムといつも買うメキシカンライムとのサイズの違いはあまりなくて、どちらも100グラム前後のような気がする。

◇スイートスプリング↓Swwt
上田温州×ハッサク。品種登録されたのが1982年といいますから、いまから約25年前です。香川県、宮崎県で主につくられているそうです。成熟期は2月頃。市場を通さず、産地直送販売も多いらしいから、知っている人は知っている。

◇晩白柚↓Kanban
原産地はマレー半島。世界一大きな柑橘類だそうです。円周は約65cm、重さは3kg以上という巨大なものもあるとか。私は、これ食べたことあります。香りがよくて、ジューシーで、とてもおいしかった。でも、皮が厚いので、むくと案外小さくなっちゃった。それがいっそうプレシャス感を盛り上げてたような記憶がある。

◇じゃばら↓Kanjabara
学名「Citrus jabara」という。和歌山県東牟婁郡北山村原産で、同地のみで産する果実。地元の柑橘類の自然交雑によって生まれた。じゃばらの名前は「邪」を「祓う」ことから名づけられたのだそうだ。以上の出典は フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

◇ししゆず↓Kansisi
ししゆずは、何年か前に調べたことがある。買って食べたの。その記録がここにあるのでご覧ください。

人気blogランキングへ

|

« 有機野菜の蒸しもの | トップページ | 柑橘類いろいろ (2) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(柑橘)」カテゴリの記事

青果イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/12971659

この記事へのトラックバック一覧です: 柑橘類いろいろ:

« 有機野菜の蒸しもの | トップページ | 柑橘類いろいろ (2) »