« ランチの野菜度-002 赤坂「會水庵」 | トップページ | 白にんじん »

2007年1月29日 (月)

たまねぎのタルト

Tart_onion たまねぎがメインの素材になった料理を探していたら、「タルト・ア・ラ・ニソワーズ」というレシピがありました。ニース風のタルトということね。ニースはたまねぎの産地として有名なので、たまねぎ料理には、ニース風という名前がつくのだそうです。

18センチのタルト型にたまねぎ(トヨヒラ君を使った)3個。そのほか、パイ生地、トマトピューレ、アンチョビ、黒オリーブ、タイム。

  1. たまねぎ3個は薄切りにして、あめ色になるまで、30分くらい炒める。
    「最初は強火で、水分を飛ばすの。バタで煮ちゃイケマセン」とよく荒井先生がおっしゃるように、最初は強火で水分をとばし、あとはじっくり炒めました。ただし、今回はバタではなく、オリーブオイルです。これ、忙しいときはできないね。始めちゃったら、30分もレンジの前に立っていなくちゃならないもの。ああ、こんな料理をつくる気分になるときっていいなぁ。
  2. タルト生地は市販のパイ生地。タルト型にしいて、フォークで軽く穴をあけて、トマトピューレを塗ります。
  3. ここに、炒めたたまねぎを入れる。というか敷き詰める。最初たまねぎ3個ってけっこう多いと思ったけれど、炒めているうちにだんだん少なくなって、最後にはもう1個あったほうがよかったかも、と思いました。でも、まあ3個でいいな。
    アンチョビは小さく切っておき、その上にちょんちょんとのせる。3切れ使ったけれど、もう少しほしい感じ。
    さらに黒オリーブをのせて、タイムをパラパラパラ。
  4. 200度で20分、180度で7~8分。ちょっと焼き過ぎかしら。

よくできました。甘いたまねぎとアンチョビの風味がとてもあう。ワインで乾杯です。

人気blogランキングへ

|

« ランチの野菜度-002 赤坂「會水庵」 | トップページ | 白にんじん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レシピ」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/13706092

この記事へのトラックバック一覧です: たまねぎのタルト:

« ランチの野菜度-002 赤坂「會水庵」 | トップページ | 白にんじん »