« にんじんしりしり~ | トップページ | ランチの野菜度-005 赤坂「大使館」 »

2007年2月27日 (火)

湘南ゴールド

Shonangold_02  よこはま青果塾をはじめさまざまなシーンで、野菜の力を伝えようと活動している、藤岡輝好さん。横浜にある藤岡食品という青果業だけあって、神奈川県の野菜や果物をよく紹介してくれます。これもその一つ、「湘南ゴールド」という柑橘です。

Shonangold_01湘南ゴールドといっしょに、紹介のチラシをもらいました。以下は、その「誕生のおはなし」という部分。

湘南ゴールドは、明治時代から鹿児島県で知られていた「黄金柑(ゴールデンオレンジ)」を母親に、みかんの品種の「今村温州」を父親にした掛け合わせでできました。
「黄金柑」は、風味がよくて甘いので、とてもおいしいオレンジです。全国では、鹿児島県や愛媛県で少し栽培されていますが市場に出ることはまずありません。関東では、神奈川県の小田原から伊豆半島にかけて栽培されていて、伊豆半島沿岸の直売所でしか買えない「知る人ぞ知る!一回食べればやみつきになる」果物です。しかし、皮がむきにくいのが難点で、実が小さいこともあって、見た目は「おいしそうに見えないオレンジ」でした。
湘南ゴールドは、「黄金柑」のおいしさをそのままに、実が大きくなった「神奈川のオリジナル」です。

これ、とてもおいしいの。藤岡さんから聞いた話の印象では、まだ品質が安定していないのかな、と思ったけれど、ワタシがいただいた湘南ゴールドは、ほかのどれとも違う個性のある柑橘です。色と姿が美しいし、独特のライトな香りと甘さがすごく気に入りました。

人気blogランキングへ

|

« にんじんしりしり~ | トップページ | ランチの野菜度-005 赤坂「大使館」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(柑橘)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ〜。昨日西友で「サラダみかん」と言うものを発見。見た目日向夏そっくりでした。添えてあったリーフレットを見てもいまいちどういうものか判明しませんでした。1コ250円と高値だったしでこぽんの買い置きあるしで購入しませんでしたが気になる…。サラダって事は味が薄いんでしょうか?熊本産でした。クサマさんご存知かしら?最近新種が多くって訳わかんない。4月に社員旅行で宮古島に行く事になりました。大嫌いな社員旅行ですが今年は張り切って行きます!食材仕入れに!!!でもフルーツにはちょっと早いのかしら…。

投稿: ふくだ | 2007年2月28日 (水) 11時18分

■ふくださん
こんにちは。コメントありがとうございます。
「サラダみかん」って初めて聞きました。これは、別名「はるか」というらしいですね。
「日本農業新聞」によると、---「はるか」は1980年ころ、福岡県の農家が「日向夏」の実生を温州ミカンに接ぎ木して偶然生まれた新品種で、96年に品種登録された---のだそうです。
だから、日向夏そっくりなのもわかります。味は「酸味がなく糖度が高い」とか。でも、酸味がないと、ただ甘いだけで、味が浅くなっちゃう可能性はありますよね。とにかく、はるかちゃん、一度お目にかかりたいなぁ。
宮古島の食材は、面白いと思う。先日、沖縄で「花と食の祭典」みたいな展示会に行ったら、宮古島も出ていて、私は黒い小豆を買いました。ほかにもいろいろあったよ。

投稿: クサマヒサコ | 2007年2月28日 (水) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/14072358

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南ゴールド:

« にんじんしりしり~ | トップページ | ランチの野菜度-005 赤坂「大使館」 »