« マンゴスチン | トップページ | 〔野菜の学校 2007〕5月② »

2007年5月17日 (木)

〔野菜の学校 2007〕5月①

〔野菜の学校〕5月のテーマ野菜はキャベツ、お話は、(有)石井育種場の常務取締役、石井和広さんでした。
石井育種場という会社は、明治40年といいますから1907年、ちょうど100年前に外国のキャベツのタネから改良に着手した、という歴史のあるタネ屋さんです。石井さんのおうちは、代々育種に携わってきたそうです。
食べくらべの予定は、春系、寒玉、グリーンボールの3タイプだったのですが、寒玉が2品種に増えて4タイプになりました。Haru_01_2 Kandamaa_01_2 Kandamab_01 Greenball_01
写真上左から①春系、②A寒玉 愛知県 JA愛知みなみ渥美。下左から ②B寒玉 熊本県 ③グリーンボール。   

キャベツはこの4種類、調理はそれぞれ、せん切り、ざく切り、蒸し煮で食べくらべました。
①春系 千葉県 JAちばみどりアグリタウンHaru_02 Haru_03_2  Haru_04
Haru_05春系のキャベツは
---秋から冬にタネをまき、初春から初夏に収穫される。……巻きはゆるいが、内側まで緑色をしており、葉のやわらかさから生食用として人気が高い---(『花図鑑野菜』草土出版)
私はあまりキャベツを生で食べないのですけれど、春系は確かにやわらかくてみずみずしいと思います。
人気blogランキングへ

|

« マンゴスチン | トップページ | 〔野菜の学校 2007〕5月② »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/15103881

この記事へのトラックバック一覧です: 〔野菜の学校 2007〕5月①:

« マンゴスチン | トップページ | 〔野菜の学校 2007〕5月② »