« おおとりすいか | トップページ | カノビアーノ »

2007年6月19日 (火)

ツタンカーメンのエンドウ

Pea01 「はい、ブログネタに」と、園芸研究家の御倉多公子さんから手渡された袋の中には、なにやらアヤシイ豆。ワーイ、うれしいな。こういうの大好き。

そのとき、なぜか「クレオパトラ」と聞いたような気がして、ウェブで検索してみたら、どうもツタンカーメンのほうが正しいらしい。で、御倉さんに聞きました。するとメールが返ってきた。

---ツタンカーメンのエンドウです。大和農園。
で、いいわすれたんですが、
タネ袋などに、「ごはんが、お赤飯のようになる」とあり、
でも、ならなかったのね。
で、そのときは、ごはんを土鍋かなんかで炊いてたんですが、
普通の炊飯器でたいて、保温にしておくと、黒くなるの。
友達とあわててしまってあった炊飯器をだしてやってみた記憶があります。
あんまりおいしくはないけど、
畑のいろどりにはかかせないのでした。---

Pea02 私はゆでて、サラダに入れました。グリンピースの正しいゆで方でゆでたのですが、けっこう皮がかたくて。
味は確かに豆。でも、おいしいかというと、どうだろう。
これ、ウソかマコトかわからないが、ツタンカーメン王のお墓から出たとかいうお話つきの豆なのね。もうそうなると、味はどうでもいいのかも。
人気blogランキングへ

|

« おおとりすいか | トップページ | カノビアーノ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/15485952

この記事へのトラックバック一覧です: ツタンカーメンのエンドウ:

« おおとりすいか | トップページ | カノビアーノ »