« 低温スチーム野菜のピクルス | トップページ | カメレオンとラフィット »

2007年6月25日 (月)

野菜探検隊 世界を歩く

Ikebe04   池部 誠さんというノンフィクションライター(と、本の著者紹介にありました)が、野菜のルーツを求めて世界を旅し、お書きになった本。池部さんは、<野菜と文化のフォーラム>のメンバーで、名刺を交換したことがあるのですが、そのときにこの本を読んでればいろいろ聞けたのに…と、思いました。

Ikebe05 園芸研究家の御倉多公子さんから、面白いと紹介されて、Amazonで捜したらありました!これ、たぶん絶版だと思うけれど、そんな本が簡単に手に入るんですから、すごい。

野菜の先祖である野生植物は何か。どのルートを通って日本にやってきたか。それを探検するのが、野菜探検隊の目的。にんじん、じゃがいも、キャベツ、サツマイモ、なす、きゅうり、ねぎ、たまねぎ、アブラナ…の先祖を求める旅の話と写真がたくさん紹介されています。

以下は「はじめに」の一部。

---日本の野菜のベストテンを消費量順に挙げると、大根、キャベツ、たまねぎ、白菜、ジャガイモ、きゅうり、トマト、サツマイモ、にんじん、レタスとなるが、どれひとつとして日本生まれはない。……調べてみると、奈良時代までに日本に入ってきた野菜も多かった。昔は種子だけを送るなんてことはなかったはずだから、アジアの各地から栽培方法を知った民族が種子を持って日本にやってきたことになる。オーバーにいえば、古代の日本は「日本合衆国」だったのではないか---

Ikebe06 なんだかワクワクする話。と思う私は、やはりこの国の「閉塞感」にとらわれていて、もともとこの土地にはいろんな人たちが来て国を作ったんだ、とうれしくなりました。日本とか日本人とか、キュークツに考えないほうが好みです。
人気blogランキングへ 

|

« 低温スチーム野菜のピクルス | トップページ | カメレオンとラフィット »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/15553693

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜探検隊 世界を歩く:

« 低温スチーム野菜のピクルス | トップページ | カメレオンとラフィット »