« ハーコット | トップページ | 初夏の食文化サロン① »

2007年7月 9日 (月)

シチリアなす

Sicillia_01 野菜の勉強会に、茨城の農家、後藤さんが「シチリアなす」を持ってきてくださいました。5月におじゃました圃場で育っていたなすです。

シチリアなすが育っていたのは、ビニールのトンネルのなかでした。なかの温度を保つために、ビニールを上げたり下げたりして育てる。手間のかかる作業です。
写真は5月に撮ったシチリアなすのようす↓Sicillia_002
花が写っています。ここからなすの実がなる。↓Sicillia_001_2
陽にあたらない部分は、なす色になりません。で、「なっても全部出荷できるわけじゃない」から、効率は悪い。
でも、後藤さん、作り続けてね!

Sicillia_03 「いまはまだ小さいが、これからもっと大きくなる」と後藤さん。いまでも米なすとか賀茂なすのようなサイズですが、案外軽いの。
「皮もやわらかいんだよ」。
とすると、皮をつけたまま煮てもいいかも。で、私はカポナータにしていただきました。お友だちは、オリーブオイルを塗ってオーブンで焼いたそうです。そのほうがなす自体の味はわかるでしょうね。「うまかった!」と。
「品種はイタリアンローズバイカラー。2種類やってみたけど、もう一つはダメだった」そうです。「ローズ」がこんな見事な紫色になるのも不思議ですが、バイカラーっていうのはどうしてなんだろう。

人気blogランキングへ

|

« ハーコット | トップページ | 初夏の食文化サロン① »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/15700456

この記事へのトラックバック一覧です: シチリアなす:

» なす レシピ [webnews]
なすの簡単レシピの紹介です。 なすはやはり、旬の今が食べごろでしょう。 調理法もいろいろあり、栄養価も高くお値段も今は、手ごろでしょう。 [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 03時21分

« ハーコット | トップページ | 初夏の食文化サロン① »