« シチリアなす | トップページ | 初夏の食文化サロン② »

2007年7月10日 (火)

初夏の食文化サロン①

005 ジョン・キョンファさんの食文化サロンに参加しました。朝鮮・韓国の食文化のお話とお食事の会です。
今回は、朝鮮半島の夏野菜、甘くないかぼちゃとエゴマの葉のお話でした。写真は、コースの4番目に出てきた「夏野菜のチヂム」。エゴマの葉とかぼちゃが入っています。塩味がついているので、そのまま、タレなしでいただきます。

◇枝豆のスープ0021
0022枝豆と大豆を合わせたスープ。ベースはとりがらのスープです。冷たくてスッと入っていきます。
「ふつう、コースの最初に出るのはおかゆですが、その代わり」とキョンファさん。なるほど、だから、やさしくて栄養たっぷりなのね。

◇朝鮮カボチャの煮もの
003朝鮮カボチャって甘くなくて、味はズッキーニに似てます。私が韓国で見かけたかぼちゃは、小さいウリのような形をしていました。
これは、キョンファさんの母上の味なのだそうです。煮干しとしょうゆで煮た夏の煮もの。お出汁をよく含んだ朝鮮かぼちゃは、あっさりしているのだけれど、とても豊かな味わいでした。

◇三色ナムル0091
0092 このお皿の前に出た「鰹のキョンファ風」はスキップして、三色ナムル。わかめ(上)、おかひじき(左下)、にら(右下)です。
「わかめはアミの塩辛、おかひじきは塩、にらはうすくちしょうゆを使いました」とキョンファさん。グリーンの濃淡という三色も涼しそうです。
ある料理研究家が、野菜嫌いなこどもに野菜を食べさせる方法の一つとして「ナムル」をあげていましたが、確かにナムルってさまざまな野菜がおいしく食べられる魔法のレシピです。

◇なすのキムチ014
なすを使った、浅漬けタイプのキムチ。ヤンニョムには、しょうがとすり下ろしたリンゴが入っているそうです。辛みはほとんどなく、すっきりとさわやかな味。こんど作ってみようと思いました。

人気blogランキングへ

|

« シチリアなす | トップページ | 初夏の食文化サロン② »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/15711206

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の食文化サロン①:

« シチリアなす | トップページ | 初夏の食文化サロン② »