« タネなしナス「あのみのり」 | トップページ | シチリアなす »

2007年7月 7日 (土)

ハーコット

Harcot02  よこはま青果塾委員長の藤岡輝好さんにいただいた果物です。「あんずだけど、生で食べられるんですよ」と。そういえば、生のあんずって食べたことがないと思う。食べたのはアプリコットジャムか、干しあんず。生食あんずは珍しいわけだ。

Harcot03 パッケージに入っていたカードによると
---信州あんずの里のオリジナルフルーツ
あんずにしてあんずでない“新しいくだもの?”
大きな果実は100g超。糖度も従来製品より高く新しい食感!
果皮が薄く、樹上で少しヒビが入った頃に食べ頃!
樹上で熟した忘れられない味
そのまま“生”でガブッと召し上がれ!
長野県千曲市鋳物師屋200番地 JAちくま
TEL:026-272-2549   FAX:026-272-6320---

「信州あんずの里のオリジナルフルーツ」だそうですが、ウェブにはカナダで品種改良されたという記事もあり、「オリジナルフルーツ」ってどんな意味なんだろう。
「そのまま“生”で」と書いてあるので、洗って皮ごと食べてみました。やはりちょっと皮が気になります。ジューシーで甘いのですが、あんずの香りは弱かったと思う。全体におだやかな感じのフルーツでした。
人気blogランキングへ

|

« タネなしナス「あのみのり」 | トップページ | シチリアなす »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(梅・桃など)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/15683842

この記事へのトラックバック一覧です: ハーコット:

« タネなしナス「あのみのり」 | トップページ | シチリアなす »