« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

西洋野菜料理百科

Vege_book 新宿のジュンク堂でみつけた『西洋野菜料理百科』(河出書房新社)。本文529ページもある分厚い本です。知らないことがたくさん載っていそうなのでほしいなぁと思いましたが、7,800円もする。ウーン、と迷って、結局そのときは買わなかった。
思いついてアマゾンのユーズドを探してみました。すると、送料込み5,131円!というのがありました。これなら、まあ、いいんじゃないの? 定価7,800円ですもん。

続きを読む "西洋野菜料理百科"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年9月28日 (金)

ヤマブドウ

Yamabudou1 よこはま青果塾の委員長、藤岡輝好さんにヤマブドウをいただきました。
「すごく酸っぱいですよ」
「いつもありがとう! ヤマブドウなんて珍しいよね」
「ジャムやジュースにしてる産地もありますね」と、そばにいらした間苧谷徹先生。
「じゃあ、ジャムにしようかな」

続きを読む "ヤマブドウ"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月27日 (木)

八百屋塾④ なし

Nasi01_kosui

Nasi02_hosui

Nasi03_niitaka  なしは、全9点の予定でしたが、1点は到着せず、1点は撮影漏れ。計7点です。
↑写真は左から1. 幸水(秋田県 秋田みなみ) 2.豊水(福島県 みちのく安達) 3.新高(熊本県 八代)
以下は資料の引用です。

  1. 幸水(秋田県 秋田みなみ)
    「菊水」×「早生幸蔵」。日本を代表する赤ナシの品種。
  2. 豊水(福島県 みちのく安達)
    その来歴が不明とされていたが、2003年に「幸水」×「イー33(石川早生×二十世紀)」の可能性が高いことが判明。
  3. 新高(熊本県 八代)
    「天の川」×「今村秋」。両親の原産地、新潟と高知から一字ずつとって命名された。

続きを読む "八百屋塾④ なし"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月26日 (水)

八百屋塾③ ぶどう

ぶどうは、全13点。まず「巨峰」が長野産のものと山梨産のもの、種の有無で3点。

1. 巨峰(長野県 ちくま) ↓G01_kyoho1

2.種なし巨峰(長野県 中野市)↓

G02_tanenasikyoho 3.種なし巨峰(山梨県 フルーツ山梨ひしやま)↓
G03_tanenasikyoho 以下は「巨峰」について。資料の引用です。

「石原早生」×「センテニアル」。静岡県の育種家大井上氏の育成。現在、最も栽培面積が多い黒色大粒種。種あり栽培と種なし栽培。房の大きさも出荷形態により300~500gと様々であるが、顆粒は12~13g程度になる。

続きを読む "八百屋塾③ ぶどう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピオーネの種ありと種なし

G14_pionehikaku 左が種ありピオーネ(5g)、右が種なしピオーネ(10g)。
[楽しい果物教室]にも登場しましたが、ピオーネというとたいてい種なしなので、種ありは珍しいと思います。

続きを読む "ピオーネの種ありと種なし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

八百屋塾② にんじん

Carrot1_koyo2go1

Carrot2_koyo2go1

Carrot3_koyo2go1  にんじんは5種類を和風のお出しで煮て食べくらべました。5つのうちの4つは「向陽2号」、違う品種は「ベーター312」のみ。産地も北海道産が4つで新潟県が1つ。
↑写真は左から1.(株)丸米産商の向陽2号 2.北栄農産の向陽2号 3.JAようていの向陽2号。すべて、北海道産です。

続きを読む "八百屋塾② にんじん"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月24日 (月)

八百屋塾① じゃがいも

Potato01imagane_dansyaku

Potato02mayqween八百屋塾9月のテーマは、じゃがいも、にんじん、ブドウ、ナシ。じゃがいもは6種類。ゆでて食べくらべました。
↑写真は左は1.今金男爵 右は2.メークイン

続きを読む "八百屋塾① じゃがいも"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

果物教室④ブドウ

ブドウの講義は先月。今月は試食を6種類。間苧谷徹先生のお話にあった、肉質の「崩壊性」と「塊状」、香りの「フォックス臭」と「マスカット香」には気をつけて食べたつもりですが、それぞれの個性を把握するどころではなく、美味しい! 甘い!で終わってしまい、メモには何も残っていません。

◇種なしピオーネ ↓(産地=山梨県フルーツ山梨)糖度:17.1~17.0Gtanenasi_p1

◇種ありピオーネ↓(産地=山梨県土屋園)糖度:20.4~20.2
巨峰×カノンホールマスカット) 井川秀雄氏作出。
カノンホールマスカットはヨーロッパ種なので、巨峰よりもヨーロッパ系の血が濃い、と間苧谷先生。私は「種あり」のピオーネを初めて食べました。
Gtaneari_p1

続きを読む "果物教室④ブドウ"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月21日 (金)

果物教室③リンゴ

Aplsuntugaru1

Aplsansa1夏の終わりから秋の初めにかけて出てくるリンゴが2種類。
左は「サンつがるヨシタロウ」(青森県ヤマダイ)、右は「さんさ」(岩手県江刺産)です。

続きを読む "果物教室③リンゴ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

果物教室②イチジク

Ichiziku2 イチジクは、クワ科イチジク属の落葉果樹。イチジク属には約800~900種類あるといわれ、『旧約聖書』に出てくるくらい古い果物です。なのに、いまふつう日本で食べているのは「蓬莱柿」と「枡井ドーフィン」の2種類。そのうちの「枡井ドーフィン」を試食しました。

続きを読む "果物教室②イチジク"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月19日 (水)

果物教室①ナシ(豊水)

Fruits 教室の中心に置かれたテーブルに、間苧谷徹先生のお話のテーマになる果物が展示されています。
9月は、手前から、ニホンナシ「豊水」と「二十世紀」。リンゴ「さんさ」と「サンつがる」。イチジク「枡井どーフィン」。そのほか、試食するブドウが8種類並んでいました。「種なしピオーネ」「種ありピオーネ」「巨峰」「甲斐路」「安芸クイーン」「ロザリオビアンコ」「瀬戸ジャイアンツ」「マスカットビオレ」。

続きを読む "果物教室①ナシ(豊水)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

ポポ? ポポー? ポーポー?

Popo1 陽子ファームから届いた野菜の中に、木彫りの小鳥のような青い実が3つありました。「ポポはプレゼント」とヨウコさんのお手紙にあったポポです。
※この木は、この前の台風9号で倒れてしまいました。ヨウコさんのブログに載っていますのでご覧ください⇒http://blog.livedoor.jp/yokofarm/archives/51035040.html

続きを読む "ポポ? ポポー? ポーポー?"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年9月14日 (金)

黄甘(おうかん)

Oukan 黄甘と書いて「おうかん」と読む、長野県のぶどう。黄色くて甘いからつけた名前だそうです。日本橋の八百屋さん、高広青果のヨシエさんが「味見して」と、勉強仲間に持ってきてくれました。

続きを読む "黄甘(おうかん)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月13日 (木)

酢重ダイニング

新丸ビルにオープンした「酢重ダイニング」というお店。取材に行くという人に、写真班と称してくっついて行きました。
軽井沢にある「酢重正之商店」というおみそ屋さんが出した、「地元・信州の自慢の食材を提供する和食屋」(とホームページ)です。

続きを読む "酢重ダイニング"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月12日 (水)

アスパラガスビーン

Asparagus_bean01 「うちの畑で獲れたの」と、園芸研究家の御倉多公子さんからいただいたのは、緑と紫の細長い莢。
「アラ、面白い、これなあに?」
「ササゲだけど、アスパラガスビーンというの」
「外国から取り寄せたタネね」

続きを読む "アスパラガスビーン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

加賀れんこん

Kagarenkon01 いただきものの加賀れんこんです。『加賀野菜 それぞれの物語』の松下良さんによると、「加賀野菜に欠かせない隠れた主役」だそうです。

続きを読む "加賀れんこん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

2007年9月の陽子ファームから

Yoko_farm 台風9号は、陽子ファームにも大きな被害があったようです。ヨウコさんからのお便りによると、
---家の外を見たらポポ(ポポー)の木が倒れていて台風の影響の凄まじさを感じました。露地野菜もほぼ収穫不可能になり、後片付けや出荷できるものがあるか悩んでいます---
ブログに映像をのせる予定とのことです。
陽子ファームのブログはこちら⇒http://blog.livedoor.jp/yokofarm/

続きを読む "2007年9月の陽子ファームから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

ペペロナータ

Peperonata 9月の野菜の学校のテーマ野菜はピーマン。ジャンボピーマンともカラーピーマンとも呼ばれるパプリカも、その一つです。
学校が終わったあとで、パプリカの使い方の話になりました。
「パプリカって色がきれいだから彩りにするんだけど、少ししか使わないでしょ。残ったパプリカをどうしてる?」

続きを読む "ペペロナータ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月 7日 (金)

〔野菜の学校 2007〕9月

野菜の学校、秋冬コースがスタートしました。9月のテーマはピーマン。夏野菜ですが、ことしは猛暑でしたから、当初予定していたじゃがいもから急遽変更しました。ピーマンは青、赤。パプリカは黄、赤。以上4種類は生とオーブンで焼いて。万願寺とうがらしと神楽南蛮は揚げ浸しで試食しました。

1 .青ピーマン↓

Gakko0102

Gakko0101_3

Gakko0103茨城県、波崎青販
フツー、ピーマンというとこれです。30g~40gぐらいの大きさで果肉は薄め。品種は「京波」「ちぐさ」等がありますが、お店で品種が表示されていることはまずありません。
青ピーマンを青臭いと感じるかどうかは、ピーマンが好きか嫌いかにもよるのかも。生で食べると苦みを感じるという人もいました。

続きを読む "〔野菜の学校 2007〕9月"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

ワッサー

Wassa02

Wassa01_2桃とネクタリンの子どもよ、“ワッサー”っていうの」と、八百屋塾でお友だちになった日本橋の八百屋さん、高広青果のヨシエさんからいただきました。ワッサーって、くだものっぽくない名前だなぁと思ったら、「育成者の子ども時代の愛称をアレンジしたもの」だそうです。 

続きを読む "ワッサー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

小布施丸なす

Obuse_nasu2 小布施から届いた丸なすは、長野県の認定委員会が指定した「信州伝統野菜」。市場から消え、畑からも消えかかっていたのですが、第三セクター、(株)ア・ラ・小布施が中心になって復活させたのだそうです。

続きを読む "小布施丸なす"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

小布施の野菜

Obuse_yasai01

Obuse_yasai00_2<野菜と文化のフォーラム>のメンバーに、「小布施丸なす」の案内が届きました。それによると、「小布施丸なすプロジェクト2003」というプロジェクトで、2003年春「東京小布施会」の要請により、丸なすの栽培を始めたといいます。なんだか面白そうです。注文してみました。
なかなか立派な箱に入って届きました。送り状には、「株式会社ア・ラ・小布施」という社名。ん?「株式会社ア・ラ・小布施」?「小布施丸なすプロジェクト2003」じゃなかったの??

続きを読む "小布施の野菜"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

浜なし

Hamanasi01 よこはま青果塾の委員長藤岡輝好さんが、「これが、ハマナシです」と持ってきてくれたなし。
「横浜の“浜”のなし?」
「そう。市場には出さずに、農家の前などで直売しているんです。樹で完熟させているから味がよくて評判だけど、なかなか手に入らない」のだそうです。

続きを読む "浜なし"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

八百屋塾③ トマト番外編

Makara00 八百屋塾8月の講師は、トマト育種の専門家。おうちのベランダで、30種ほどのトマトを鉢で育てているそうです。その中から、いまなっているトマトを持ってきてくださいました。
※写真をクリックすると番号が入っています。

続きを読む "八百屋塾③ トマト番外編"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

八百屋塾② 枝豆

Eda_kurabe8月の八百屋塾、もう一つのテーマは枝豆です。緑、茶、黒がそろいました。
枝豆は、大豆の若ざやを未熟なうちに収穫したもの。素性は、大豆(=畑の肉)ですから、たんぱく質たっぷり。おまけに若いのでビタミンCも多く、枝豆に含まれる「メチオニン」はアルコールから肝臓や腎臓を守るというスグレもの。だから「ビールのつまみに最適なのである」と『花図鑑・野菜』(草土出版)の芦澤正和先生。

続きを読む "八百屋塾② 枝豆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »