« 小布施丸なす | トップページ | 〔野菜の学校 2007〕9月 »

2007年9月 6日 (木)

ワッサー

Wassa02

Wassa01_2桃とネクタリンの子どもよ、“ワッサー”っていうの」と、八百屋塾でお友だちになった日本橋の八百屋さん、高広青果のヨシエさんからいただきました。ワッサーって、くだものっぽくない名前だなぁと思ったら、「育成者の子ども時代の愛称をアレンジしたもの」だそうです。 

Wassa03 資料によると、ワッサーは、「長野県須坂市八重森町の中村渡氏が自園の山根白桃とネクタリンの混植園で発見した実生を選抜育成したもの」。中村渡さんって、きっとワタルさんとお呼びするんですね。で、ワタルさんがワッサーになったわけでした。
平成2年といいますから1990年、いまから17年前に品種登録されています。

ワッサーは実がかたいので、皮をむいたりタネをとったりするとき、桃よりも扱いやすい。食べると、こりこりしてました。甘いのですが、少し若い感じです。「桃よりネクタリンに近いね」と、いっしょに味見した友人。
少しおいてから食べた方がよかったかもしれない。1週間後にヨシエさんが持ってきてくれたワッサーをみんなで食べたときは、縫合線のところに包丁を入れると、なんとかタネをはずすことができました。味もずっとのっていたと思います。
人気blogランキングへ   

|

« 小布施丸なす | トップページ | 〔野菜の学校 2007〕9月 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(梅・桃など)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/16357018

この記事へのトラックバック一覧です: ワッサー:

« 小布施丸なす | トップページ | 〔野菜の学校 2007〕9月 »