« 黄甘(おうかん) | トップページ | 果物教室①ナシ(豊水) »

2007年9月18日 (火)

ポポ? ポポー? ポーポー?

Popo1 陽子ファームから届いた野菜の中に、木彫りの小鳥のような青い実が3つありました。「ポポはプレゼント」とヨウコさんのお手紙にあったポポです。
※この木は、この前の台風9号で倒れてしまいました。ヨウコさんのブログに載っていますのでご覧ください⇒http://blog.livedoor.jp/yokofarm/archives/51035040.html

Popo2 「ポポはやわらかくなったら食べ頃」と書いてあったので、冷蔵庫に入れずにときどきさわって「まだかな」と。
1週間後に2個がやわらかく黄色くなってきたので食べることにして、撮影しました。↑

Popo3 ↑半分に切ってみると、沖縄で買ってきたアテモヤにちょっと似てる。ポポは黄色、アテモヤは白だけれど、濃厚でなめらかそうな果肉、大きくて黒いタネ。キミたちは親戚かなぁと思ったら、アタリ!両方ともバンレイシの仲間でした。
『旬の食材 四季の果物』(講談社)に載っている項目は「ポポー」です。

  • ポポー
    ポーポー、あけびがき
    PaPaw,PawPaw(英)
    バンレイシ科アシミナ属
    北アメリカ南部に原産する落葉高木。日本には明治30年頃導入されたが、食用よりも観賞用として普及した。昭和の初期に珍果としてブームになった。

日本の別名は「あけびがき」。姿が似ているからでしょうね。
食べてみると、ねっとりと甘い。ちょっとワイルドな青いにおいがして、果物売り場に並んでいるのではない、庭になっていた果実の感じがしました。面白かった。

|

« 黄甘(おうかん) | トップページ | 果物教室①ナシ(豊水) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(柿・ぶどう・その他)」カテゴリの記事

陽子ファーム」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ポポ!私も食べました!
飛騨の朝市に「バナナポポ」という名前で売られていました。
見たことないフルーツだったので試しに買ってみました。
私の感想は、濃厚なバナナ主体としたミックスジュースですね。
私が食べた物は、黄色を通り越して所々黒くなっていました。
傷む寸前でしょうね。そのせいでしょうか?青臭さはありませんでした。
私はあの味嫌いじゃないです。
ただ、ねっとりと濃厚だからカロリーは高そうですね。

投稿: | 2007年10月 9日 (火) 18時24分

私のうちでは、ポポーを20年ほど前から育てています。食べるようになって10年以上になります。今年も40~50個なりましたが、食べ切れません。台所ににおいが充満して気持ちが悪くなるほどむっとします。何かよい食べ方はないかしら。

投稿: ぼうず | 2007年10月18日 (木) 21時12分

■ぼうずさん
コメントありがとうございます。
40~50個! すごい収穫!!
それは食べきれないでしょうね。
さて、ではどうしたらいいか…。
ちょっとまわりの人に聞いてみます。
いいアイディアがあったら、お知らせしますね。
ところで、冷凍したらどうなるんでしょう。
シャーベットになるでしょうか。

投稿: クサマヒサコ | 2007年10月19日 (金) 05時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/16487456

この記事へのトラックバック一覧です: ポポ? ポポー? ポーポー?:

» ダイエットごはん(3食入り) (ダイエット食品) [短期間でダイエット]
「ダイエットごはん(3食入り)」は、ナチュナルなおいしさが楽しめるマンナンヒカリ(厚生労働省許可特別用途食品)を配合したご飯です。 普通の白米ご飯に比べ、カロリーを35%カット。 1食150gなのに約160キロカロリー... [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 21時53分

« 黄甘(おうかん) | トップページ | 果物教室①ナシ(豊水) »