« 果物教室①ナシ(豊水) | トップページ | 果物教室③リンゴ »

2007年9月20日 (木)

果物教室②イチジク

Ichiziku2 イチジクは、クワ科イチジク属の落葉果樹。イチジク属には約800~900種類あるといわれ、『旧約聖書』に出てくるくらい古い果物です。なのに、いまふつう日本で食べているのは「蓬莱柿」と「枡井ドーフィン」の2種類。そのうちの「枡井ドーフィン」を試食しました。

どのくらい古い果物かというと、エジプトでは紀元前2700年にイチジクを栽培していたといいます。つまり、今から4700年前、四捨五入すると5000年も前から作られていた。
古代ギリシアで改良され、アッティカのイチジクは有名だったそうです。間苧谷徹先生は、イチジクが原因の一つだったのではないかという戦争のお話をしてくださいました。下記は資料から。

  • イチジクとサラミスの海戦
    古代ギリシアでは、乾燥イチジクが貴重な甘味資源であると同時に、果実は体力や脚力を増すというので、競技者はこぞって食べたという。ペルシア王クセルクセスは、イチジクの採れるアッティカの攻略を行ったが、サラミスの海戦(BC480)でアテネのテミストクレスに敗れている。

イチジクって生で食べるより、ドライフルーツにしたり、煮たりしたほうがおいしいと思います。
Ichiziku_dry写真↑は、東麻布にあるカメレオンというイタリアンレストランで、コースの後にチーズを頼んだら出てきたお皿です。向こうの方の真ん中にあるのが、乾燥イチジクにアーモンドナッツを入れたもの。味が濃厚で、クセのあるチーズにも負けません。

Ichiziku_ni 次の写真↑は、西麻布「分とく山」のお料理です。いろいろのっているお皿の右から2番目は、イチジクを甘く煮たもの。山椒の風味がきいて、たいへんけっこうでした。

以前、伊勢丹に「蓬莱柿」と「桝井ドーフィン」が並んでいたので、両方買って食べてみたことがあります。そのメモはこちら⇒「アダムとイブの昔から」

|

« 果物教室①ナシ(豊水) | トップページ | 果物教室③リンゴ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

果物(柿・ぶどう・その他)」カテゴリの記事

楽しい果物教室」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/16508517

この記事へのトラックバック一覧です: 果物教室②イチジク:

» イチジクとブルーベリーとゴルゴンゾーラ [ドラゴンストーリー Gourmet Concierge ]
名前が分かりません可愛い花です今旬のデザート料理です。お楽しみ下さい。【完熟いちじく】1パック入450g以上大玉4個から6個入り 北志賀の雪どけ水と清浄な空気が育む有機肥料による完熟ブルーベリー 20...... [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 09時37分

« 果物教室①ナシ(豊水) | トップページ | 果物教室③リンゴ »