« ランチの野菜度-020 東京ミッドタウン「フォーナム」 | トップページ | ブラックオリーブ »

2007年10月 3日 (水)

秋の食文化サロン

14chige ジョン・キョンファさんが主宰する「食文化サロン」。秋のメイン・ディッシュは、さんまを使ったチゲ<コンチトゥブチゲ>でした。
資料には「魚と豆腐、熟成キムチの入ったチゲ。これぞ庶民の味、韓国では街の食堂でよく見かけるメニュー」と紹介されています。

Fish_mart01

Fish_mart03_2韓国も海に囲まれた半島にありますから、海の幸は豊か。魚介類は生や干してさまざまに料理されます」とジョン先生は、韓国の魚のお話をしてくださいました。
そういえば、と思い出したのが昨年秋のソウル旅行。街の中心から地下鉄に乗って、川を渡ったところにある魚市場に行きました。写真はそのときに撮ったものです。見ているうちにまた行きたくなった。

今回の食文化サロンでも、さまざまな野菜の小鉢が登場しました。
05namru スープ、冷菜、和えものに続いて出てきたのは、<乾燥のエホバッ(朝鮮カボチャ)とエリンギのナムル>。
ナムルっておいしい食べ方。料理研究家の塩田ノアさんも「野菜嫌いな子どももナムルにすると喜んで食べる。にんにくと塩とごま油の組合せがいいのね」と、マジックレシピの一つに挙げています。

07kimchi1

12kimchi2 このナムルに海鮮チヂミが続き、その次は写真左<チンゲンサイのキムチ>。
「アミの塩辛をほんの少し加えて、あっさりした味に仕上げました。塩漬けがなかなかむずかしいキムチ」だそうです。
右はお代わり自由の<白菜キムチ>。

11saladaそれから今回唯一の宮廷料理という煮ものに続いて梨のサラダ。
「梨は韓国料理に欠かせない食材の一つで、年間通して梨が売られています。こってりした辛い料理によく合います」と資料。葉っぱは三つ葉、赤いのはナツメです。

13gohenメイン・ディッシュといっしょにいただくごはんセットには、左上<白菜キムチ>、真ん中<ししとうがらしのナムル>、左下が<だいこんのセンチュ(とうがらし入り甘酢であえたもの)>。

15dessertデザートは素朴でやさしい、さつまいもで作った栗と生姜のお菓子。とうもろこし茶のやわらかな味に、満腹&大満足でした。
人気blogランキングへ 

|

« ランチの野菜度-020 東京ミッドタウン「フォーナム」 | トップページ | ブラックオリーブ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/16645738

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の食文化サロン:

« ランチの野菜度-020 東京ミッドタウン「フォーナム」 | トップページ | ブラックオリーブ »